1. トップ
  2. 子育て・育児
  3. 0才~1才
  4. 生後1カ月
  5. 親子のコミュニケーション

赤ちゃんの育児 生後 1カ月

体重、身長ともにめざましく成長します

「体にタッチ」や「見る」の刺激にワクワク

この月齢の遊びのポイント  ★いろいろなシーンでスキンシップ  ★じっと見ることも遊びに  ★お外の光や空気を体験しよう

おなかをブブブーッ♪

1.おなかに口を当てて息を吹きかけて
赤ちゃんのおなかに口を当てて、息を吹きかけると「ブブブー」と音がします。くすぐったさ、音のおもしろさ、親子の一体感で喜びます。
2.ママ・パパも楽しんで笑っちゃおう
 赤ちゃんが楽しくなるコツ、それはママ・パパが楽しむことです。楽しさは伝わるもの。赤ちゃんがいることを存分に楽しみましょう。
●バリエ
指でおさんぽコチョコチョ遊び
赤ちゃんの体を散歩するように、おなか、わき腹、足の裏など、指先でくすぐります。笑顔で話しかけながら脳や心も心地よく刺激して。

●バリエ
おむつ替えを楽しい時間に
おむつ替えや着替えのときなどに、楽しくスキンシップしましょう。軽く足をさすってのびのび。おむつ替えを嫌がる赤ちゃんもご機嫌。

見つめて見つめて

1.明るく目立つ色のおもちゃを見せて
赤など明るい目立つ色のおもちゃを見せると、わかりやすく楽しめます。3~4カ月ごろには、ゆっくり左右に動かすと目で追いかけますよ。
2.1つのおもちゃに集中
見る刺激がいいからと、一度にあれもこれもと欲張ると、赤ちゃんの脳は疲れてしまいます。1つのおもちゃでゆっくり楽しみましょう。
●バリエ
手作りメリーをつるしてみても
丸く切ったボール紙に適当に柄を描き、まわりに4つくらいリボンをつけて、天井からつるし、手でちょっと回してあげれば、手作りメリーに。

おなかに乗せて

1.顔を横向きにしておなかの上へ
ママ・パパがあお向けに寝て、おなかの上に赤ちゃんを寝かせるように抱っこ。首がすわっていないので、顔を横向きに寝かせてあげましょう。
2.ママ・パパもゆったりとした気持ちで
赤ちゃんのぬくもりを感じながら、このころならではの静かな癒やしの時間を味わいましょう。親も楽しんでこそ赤ちゃんも喜びます。

お外をジ~ッ

窓を開けてお外を見ながらお話
鳥の鳴き声、陽の光、風の音、におい、葉っぱの揺れなど、ママ・パパが気がついたことを話しかけてあげるだけで、興味をわかせていきます。
●朝の光を浴びれば生活リズム作りに
このころの赤ちゃんにはまだ昼夜の区別がついていません。今後の成長に影響が大きい生活リズムをつけていくためのいちばんの方法は、朝の光を浴びること。カーテンを開け、朝の光を浴びながら外を見てのお話タイムは宝のような時間です。

和洋女子大学 人文学群 心理・社会学分類 人間発達学専修 こども発達支援コース 教授
鈴木みゆき先生

子育て・育児に関する新着記事

新着記事をもっと見る