1. トップ
  2. 子育て・育児
  3. 0才~1才
  4. 生後4カ月
  5. 親子のコミュニケーション

赤ちゃんの育児 生後 4カ月

喜怒哀楽がはっきりしてきます

見て、聞いて、触ってだんだんに興味が出てくる

この月齢の遊びのポイント  ★五感への刺激を楽しむ遊びで感覚を豊かに  ★ママ・パパのおひざの上で体遊びをしよう  ★一人遊びを見守る時間も大切

聞いて触って

見たり、聞いたり、触ったりという感覚が豊かになってきます。それらの感覚を刺激する遊びをすると、とても楽しく感じます。身のまわりにあるものでいろいろな感覚遊びができるので、親子で楽しみましょう。
幅広の梱包用ビニールひもを束ねてさらさら~
市販の梱包用ビニールひもを束にして揺らすと、さらさら~という音がします。赤ちゃんに見せながら聞かせてあげると興味津々です。

レジ袋をカシャカシャさせて
なぜかレジ袋をもむ音にはまる赤ちゃん。袋を丸めたり、広げたりして、カシャカシャという不思議な音を聞かせてあげましょう。

※ビニール袋やレジ袋は遊んだあとは赤ちゃんの手の届かない場所へ片づけましょう。

洗剤計量スプーンで手作りガラガラ
洗濯洗剤の計量スプーン2個を合わせて、中にお米や小豆を入れ、テープで留めて作ります。赤ちゃんが握りやすく、振るのにちょうどいい大きさに。自分で振って楽しめます。

積み木でかたい感触も体験
ときには積み木のかたい感触なども体験させると赤ちゃんはワクワク。いろいろな素材のおもちゃを頬につけたりして遊びましょう。

おひざでポンポン

1.おひざの上にすわって上下にポンポン
両わきをしっかり支え、三角座りのママ・パパの太ももの上に赤ちゃんを乗せて軽く上下に動かします。動きに強弱をつけても楽しい。
2.おひざの上で前後に揺れてシーソー
三角座りの太ももの上に抱っこして、前後に少しずつ揺らしてみましょう。「ギッタン、バッコン」とシーソーのように遊びます。
●バリエ
抱っこのまま支えて後ろに倒して
抱っこの状態から、片手で下半身、もう一方の手で背中や首の後ろをしっかりと支え、頭を少しずつ下に。視界の変化を楽しみます。
●バリエ
腕を握って起き上がりこぼし
あお向けに寝かせた赤ちゃんの腕を持ち、ゆっくりと上体を引っ張り上げたり、またゆっくりと寝かせたりを繰り返して遊びます。

和洋女子大学 人文学群 心理・社会学分類 人間発達学専修 こども発達支援コース 教授
鈴木みゆき先生

子育て・育児に関する新着記事

新着記事をもっと見る