1. トップ
  2. 子育て・育児
  3. 0才~1才
  4. 生後5カ月
  5. 親子のコミュニケーション

赤ちゃんの育児 生後 5カ月

体全体がしっかりしてきます

おもしろさ発見!で意欲の芽がぐんと育つ

この月齢の遊びのポイント  ★動きを誘ってやりとりを楽しもう  ★体の部位への関心を触れ合い遊びに  ★外遊びはいちばんワクワクする時間

ボールで寝返り

1.取れそうで取れない位置でボールを見せて
赤ちゃんがうんと手を伸ばさないと届かない位置で、ボールやおもちゃを見せて誘います。一生懸命取ろうと頑張る姿を見て応援して。
2.寝返りしたらいっぱいほめよう
手を伸ばした流れで寝返りができ、取りたかったものが取れたときは、すごくうれしくて意欲が育ちます。いっぱいほめてあげましょう。
●バリエ
パペットを使ってやりとりを楽しく
赤ちゃんを誘うときに、パペットを使ってやりとりしても楽しいもの。より好奇心がわいて、体を動かす遊びに楽しく誘えます。

口、鼻、おでこ…お顔をタッチ

1.声を出しているとき赤ちゃんの口に手を当てて
「アワワワ」を見せたりしながら、赤ちゃんが声を出しているときに、口に手を当ててあげ、「アワワワ」と言わせてみて。
2.アワワワ以外の言葉も言ってみよう
そのうち自分で「アワワワ」としだすかも。また、ママ・パパの口に手を当ててきたら「アワワワ」以外の言葉を言ってみても楽しいです。
●バリエ
顔のくっつけっこで触れ合いいっぱい
向かい合って、お鼻やおでこをくっつけ合うのも楽しい遊び。「お鼻ツンツン」「おでこコンコン」など楽しい声かけを一緒にどうぞ。

ベビーカーを降りて

ふにゃふにゃやわらかだった赤ちゃんも、だんだん体つきがしっかりしてきます。散歩に出たら、ときにはベビーカーから降ろして前向き抱っこで、いろいろなものに触れたり、公園の遊具にも触れてみましょう。

木の幹に一緒に触れてみても
今までやさしい感触のものが多かった中で、公園などの木の幹のざらざらした感触も新鮮な体験です。親子で一緒に触ってみましょう。
抱っこして花や葉っぱに手が届くように
外にはきれいな色の花や、いろいろな形の葉など、赤ちゃんの好奇心をくすぐるものがいっぱい。触ったり、ときには引っ張ったりさせてあげて。

すべり台の途中に支えて座らせてみて
しっかりと体を支えながら、公園のすべり台の途中に座らせてみるのも、この先の公園遊びにつながります。いつもと違う視界にワクワクします。

和洋女子大学 人文学群 心理・社会学分類 人間発達学専修 こども発達支援コース 教授
鈴木みゆき先生

子育て・育児に関する新着記事

新着記事をもっと見る