1. トップ
  2. 子育て・育児
  3. 0才~1才
  4. 生後6カ月
  5. 親子のコミュニケーション

赤ちゃんの育児 生後 6カ月

運動機能の発達がめざましい時期

絵本の読み聞かせや水遊びなど広がる遊び

この月齢の遊びのポイント  ★水で自由自在に遊べる体験をさせよう  ★気分を切り替えるのも遊びの1つ  ★絵本の読み聞かせはママ・パパも楽しんで

ワクワク水遊び

形がない水は、自分の動き次第で、パシャッとはねたり、シャワーのようになったり、自在に姿を変え、赤ちゃんにとって、とてもおもしろい題材です。音や感触が五感を刺激するのも魅力です。心が解放されます。

じょうろで水をかけたり、水面をぺチぺチして
ベビーバスに水を張り、おふろ遊びのように水面をぺチぺチしても楽しいですし、じょうろで赤ちゃんの手に水をかければ興味津々!

手を組み合わせて水鉄砲
プールの水の中で両手を組み、手の中にあった水を押し出すように手をぎゅっと合わせると、水がピューッと飛び出します。

スポンジをぎゅっと握ってパッと開く!
スポンジをぎゅっと握って手のひらに隠して「いないいない」。手をパッと開き、「ばぁ!」でスポンジがポンと飛び出すのも楽しい!
●バリエ
牛乳パックを切って絵を描いて浮かべる
1才近くなったら、牛乳パックを5cm四方大を目安に好きな形に切り、油性ペンで絵を描いて浮かべたり、手作りおもちゃ遊びも。

受けとめる&切り替え遊び

泣いている理由がわからないとき
赤ちゃんが泣いたり声を出して要求を伝えることも増えます。成長の証しで喜ばしい一方、何を求めているのかがわからず、困るときも。ただ声をかけ応えてあげれば親子のきずなは深まっていくので安心しましょう。

1.わからなくても赤ちゃんに応えてあげよう
どうしても赤ちゃんが泣いている理由がわからないことも。「そうね~そうなの~」「うんうん」などと応えてあげながら、様子をさぐりましょう。
2.手を洗ってみたりお外を見せたり
お世話もしつくし、具合が悪いわけでもなかったら、気分転換させましょう。見える景色を変えたり、五感を刺激するのがポイント。

和洋女子大学 人文学群 心理・社会学分類 人間発達学専修 こども発達支援コース 教授
鈴木みゆき先生

子育て・育児に関する新着記事

新着記事をもっと見る