SHOP

たまひよ会員

  1. トップ
  2. 赤ちゃん・育児
  3. 日記・マンガ
  4. 「サザエさんが羨ましい!」昔は庶民、今やセレブの象徴?でもリアルは大変かも…ママたちの声

「サザエさんが羨ましい!」昔は庶民、今やセレブの象徴?でもリアルは大変かも…ママたちの声

ベッドでリモコンを持ってテレビの手で悲しい映画を見ているアジアの女性
Doucefleur/gettyimages

「日曜日の夕方、テレビのアニメ『サザエさん』を見ると胸が苦しくなる」という声が、口コミサイト「ウィメンズパーク」に寄せられました。休日が終わるのが寂しい、ではなく「昭和の日常は、令和では裕福な暮らし」という 新しい視点での声が寄せられました。

サザエさんの恵まれた環境が羨ましくて、自分とのギャップに凹む

「サザエさん症候群」という言葉、日曜日の夕方(一部を除く)にテレビアニメの『サザエさん』を観ると「休日は終わった。明日からまた仕事(学校)だ」と、憂いを感じることを指すようです。
しかし投稿主のママは、ちょっと違うようです。結婚して、実家から飛行機の距離に住んで10年。子どもが3人いて夫とも仲が良く、ママ友もそれなりにいます。

「母と娘で一緒に料理を作る温かい空間、大勢の家族で和気藹々と囲む食卓、ご近所さんとの交流、ときどきちょっとおしゃれしてデパートへ行ってパフェを食べる。
私が幼い頃は当たり前にあった日常です。でも今は『あれは幻想だったの?』と、思うくらい、裕福な暮らしなんですよね。『サザエさん』を観ると苦しくなります。
苦しくなるなら観なければいいのですが、幸せな幼少時を思い出せるので、観ないという選択肢はありません。『サザエさん』を楽しめる方法を、私に教えてください」

すると、共感の声が届きます。


「私は『サザエさんがうらやましい』と大泣きして、夫をドン引きさせたことあります。
両実家に頼れない状況のなか、仕事と子育ての両立に疲弊していました。
対して、サザエさんは実母と一緒に家事をする専業主婦。幼い子どもをポンっと預けてひとりでデパートでお買い物して、人間関係の悩みもなさそう。本気で羨ましかったのです」

「私も胸が苦しくなります。サザエさんの世界観とリンクするものはひとつもありませんが、『サザエさん』を観ていた子ども時代の、幸せだった頃のことがよみがえります。
今でも呑気に『サザエさん』が観られるのだから幸せなんでしょうが、ほろ苦さを感じています」

「うわぁー、よくわかります。私も『サザエさん』を観ると、気分が少しだけ重くなります。
親と同居して専業主婦で、デパートで好きにお買い物。
あちこちでやらかしているのに、カツオにはお説教。いいご身分だことって(笑)
でもサザエさんの家は世田谷にあって、不動産価値は3億円らしいですね。
昔は庶民の象徴だったのに、今はセレブ。時代って面白いです」

「投稿主さんは、どちらかと言うと『悲劇のヒロイン症候群』なのでは。
私からしたら、妬む相手がママ友や親戚など現実世界ではなく、アニメが相手なんて羨ましい。なんだかんだ言って、幸せなんじゃないでしょうか」

など、さまざまな声が届きました。
そしてサザエさんスタイルの生活をしている方からの声も届きました。

サザエさん的な生活をしている人たちから「現実は違う」という声

「実家がまさにサザエさん一家と同じスタイルで、私はタラちゃんの立場でした。現実はあんなにほんわかじゃないです。ご近所付き合いも表面上は仲良くやってたけど、陰口がすごかった。
今、私は親元を離れて核家族。誰にも頼れない育児は大変だったけど、優しい夫と協力したことが誇りであり、私の自信になっています」

「サザエさんに近い生活をしています。私がサザエさんで、カツオと波平はいませんが、わかめとタマがおり、タラちゃんは3人います。見た目ほど幸せじゃないですよ(笑)
フネとマスオに気を遣い、時には挟まれて、ひとりになれる時間は皆無。大所帯なので旅行も外食もお金がかかるので、なかなか行けません。
私は親と離れて生活がしたい。気を遣う生活に疲れました。サザエさんの苦労がわかるので、アニメは観なくなりました。あの笑顔の裏には、暗い闇が存在しているはずです」


「義妹がまさにサザエさんです。でも私(長男の嫁)がサザエと同じことをしようとしたら、波平もフネもサザエも『長男なんだから』と、自分たちのことは棚に上げて猛反対。
サザエさんを観るとイライラするようになり、観なくなりました」

「夫がカツオの立場です。カツオ以外はみんな離婚しましたよ〜。
居心地良すぎるのも困ったもんです」

大好きな「サザエさん」を、楽しく観る方法あれこれ

「声優さんにスポットを当てて観てはどうでしょう。
サザエさん役とタラちゃん役はスタート時から変わらず、声優さんはかなりのご高齢。
まだまだ現役で頑張ってる! と、思うと元気がでてきませんか?」

「『サザエさん』は、とにかく平和すぎてツッコミどころ満載です。
受験もないし介護もない。ご近所トラブルもママ友トラブルも『サザエさん、うっかり〜』と、笑って解決。タラちゃんなんて、ひとりで散歩したり公園へ行ったり(笑) 子どもと笑いながら観ています」

「あれは『時代劇』と、思うことです。広い敷地に庭付きの平屋。お父さんたちは夕方には帰宅。食材は御用聞きの三河屋さんが運んでくれる。子どもが勉強ができなくても『なんとかなるでしょ』という、ゆるい考え。放課後や休日は塾に行かず、近所の広場で野球とサッカーに興じる。
時代劇というか、ファンタジーの世界と割り切ることです」

すると投稿主さんは

「遅い結婚で娘気分が抜けておらず、にぎやかな環境から核家族となり、悲劇のヒロインに浸っていたのかもしれません。サザエさんのような家庭が当たり前ではない、ということがよくわかりました。
コロナで実家に帰れないこともあり、心が疲れていたのかもしれません。今ある幸せに感謝して生活していきたいと思います」
と、〆ました。


子どもの頃は無邪気に観ていた『サザエさん』が、大人になるとまったく違う視点になる。
とくに「昔は庶民の象徴。今はセレブ」というコメントは、なかなか印象的でした。


文/和兎 尊美


■文中のコメントは口コミサイト「ウィメンズパーク」の投稿を抜粋したものです。


■おすすめ記事
産後ファッションの理想と現実!あきばさやかさんにインタビュー【ママファッション編】

赤ちゃん・育児

更新

赤ちゃん・育児の人気記事ランキング

関連記事

赤ちゃん・育児の人気テーマ

新着記事

ABJマーク 11091000

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 第11091000号)です。 ABJマークの詳細、ABJマークを掲示しているサービスの一覧はこちら→ https://aebs.or.jp/

本サイトに掲載されている記事・写真・イラスト等のコンテンツの無断転載を禁じます。