SHOP

たまひよ会員

  1. トップ
  2. 赤ちゃん・育児
  3. 赤ちゃんの病気・トラブル
  4. 男子の水着、メッシュインナーに注意!おちんちんが挟まる痛々しい事故が…【小児科医】

男子の水着、メッシュインナーに注意!おちんちんが挟まる痛々しい事故が…【小児科医】

水の中で遊ぶ少年
※写真はイメージです
yamasan/gettyimages

2021年7月、国民生活センターでは「男児用水着のインナー生地を確認しましょう-陰茎部の皮膚が挟まり、取れなくなることも-」という資料を発表し、注意喚起をしました。男児用水着のインナーのメッシュ素材部分に、おちんちんが挟まる事故が起きているというのです。実はこの事故は20年以上前から起きていて、注意が促されているのですが、今でも事故は起きています。2007年に、男児用水着のメッシュインナーに関する事故の論文を発表して以来、ママやパパに注意を促し続けている富山大学附属病院小児科 種市尋宙先生に、事故の原因や対策について聞きました。

20年以上前から起きている事故なのに、いまだに事故にあう男の子が!

種市先生が、初めて男児用水着のメッシュインナーにおちんちんが挟まった子を診察したのは、今から15年前の2006年のことです。

「私が新潟の病院に勤務していたころに経験した症例が2例あります。海で遊んでいた双子の男の子の1人が男児用水着のインナーのメッシュ部分に陰茎部の皮膚が挟まってしまい、痛がって泣きながら病院に来ました。その子の治療をしている間に、お母さんから電話が来て『もう1人も挟まってしまって…』と、双子のもう1人の男の子も来院したのです。

話を聞くと、海で遊んでいる最中にも何度か挟まったのですが、それは自分たちで少し触ったら取れたと言います。でも休憩をとりながら2時間以上海で遊んで、海遊びを終えて水着を脱ごうとしたら挟まりがひどくなっていたとのことでした。

ちょっと触れただけでも痛くて暴れるので、麻酔(点滴)をしてメッシュ素材を取り除くという処置をしました。それをきっかけに同じような事故が過去にないか調べたところ、1998年ごろから症例報告がありました」(種市先生)

メッシュの穴が縦2ミリ×横2ミリ以上のものは要注意

写真は、事故が起きやすいメッシュの一例。メッシュの穴が縦2㎜×横2㎜以上あると事故が起きやすいです。

男児用水着のメッシュインナーに陰茎部が挟まるというのは、どういうことでしょうか。

「メッシュの穴が縦2㎜×横2㎜以上あると、メッシュの穴からわずかに陰茎部の皮膚がはみ出します。そしてメッシュから圧迫を受けているうちに、挟まっている陰茎部の皮膚に静脈還流障害が起こり、水分がもれ出し、肥大してとれなくなります。過去の症例報告を見ると、この事故は4~6歳ごろの男児に多いのですが、0~3歳だから大丈夫とは考えないでください。

また因果関係は不明ですが、海で遊んでいるうちにメッシュインナーに陰茎部が挟まる事故が全体の9割以上を占めています」(種市先生)

種市先生の説明をイラスト化すると以下のようになります。

メッシュの穴から陰茎部がはみ出る

陰茎部がメッシュに密着すると、メッシュの穴から外にはみ出し、メッシュから圧迫を受け始める。

はみ出た部分の血流が止まる

局所的に小さな静脈が圧迫を受け、血流が止まる。

はみ出た部分が膨張し始める

局所的に静脈還流障害が起き、静脈から水分がもれ出ることで皮膚が徐々に膨張する。

膨張が進み、激しい痛みを感じる

さらに膨張が進むと、メッシュが皮膚を強く圧迫し激しい痛みが起きる。

家庭ではさみなどを使って無理に取ろうとするのはNG

万一、事故が起きたときはどうしたらいいのでしょうか。

「すぐに小児科を受診してください。夜間や休日は、救急外来を受診しましょう。痛みを伴う場合は、点滴で静脈麻酔をしてから処置をします。

受診するまで痛がって泣くときは、ぬれている水着の重さが原因で、痛みが生じる場合もあるので、応急処置として無理のない範囲ではさみで水着やメッシュインナーを切って脱がせてください。ただし挟まっている部分は、そのままにしてください。触れてはダメです」(種市先生)

また「子どもが痛がっているからかわいそう」と、無理に取ろうとするママやパパもいるかも知れませんが、それはNGです。

「家庭で、はさみなどを使って無理に取ろうとすると、痛くて暴れて、陰茎部を傷つけたりする危険性があるため、必ず受診してください」(種市先生)

男児用水着のメッシュインナーは、2010年に全日本婦人子供服工業組合連合会などが、水着にメッシュ形状の素材を用いないことを「子供用衣類の設計に関する安全対策ガイドライン」に盛り込みました。しかし外国製の水着などが輸入されているケースもあり、今でも販売されているのが現状です。

「メッシュインナーに陰茎部を挟む事故を防ぐには、メッシュインナーつきの水着を選ばないことが第一です」(種市先生)

イラスト/国民生活センター、取材・文/麻生珠恵、ひよこクラブ編集部

お話・監修・写真提供/種市尋宙(たねいちひろみち)先生

種市先生によると、乳幼児の水着はメッシュインナーは不要なので、ついている場合ははさみで切ったほうがいいと言います。メッシュインナーの危険性を知って、安全な水着を選ぶことが、子どもの事故を防ぎます。

■おすすめ記事
そのおもちゃ、大丈夫? 知っておきたい安全・安心なおもちゃの選び方

赤ちゃん・育児

更新

赤ちゃん・育児の人気記事ランキング

関連記事

赤ちゃん・育児の人気テーマ

新着記事

ABJマーク 11091000

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 第11091000号)です。 ABJマークの詳細、ABJマークを掲示しているサービスの一覧はこちら→ https://aebs.or.jp/

本サイトに掲載されている記事・写真・イラスト等のコンテンツの無断転載を禁じます。