1. トップ
  2. 赤ちゃんの子育て・育児
  3. ハリポタ杖から外構工事まで!?100円均一を大活用!プロ顔負けのDIY術

ハリポタ杖から外構工事まで!?100円均一を大活用!プロ顔負けのDIY術

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

iStock.com/nito100

DIYで、自分らしく、楽しく。【9月21日は「DIYの日」】

9月21日は「myDIYの日」。
賃貸住宅を管理するレオパレス21が制定した記念日。これは、部屋の壁紙を無料で選べたり、ペイントや棚の取り付けなどが自由に行える同社のサービス「myDIY」を通じて、自分らしく楽しめる賃貸住宅の新しいスタイルを広めるのが目的。21日は、社名の21からと、お部屋とお客様の「ふ(2)れ、あい(1)の日」にとの意味も込められています。

DIYと聞くと、日曜大工的な意味合いが強いのですが、もともとは第二次世界大戦後、ドイツ軍に激しい空襲を受け廃墟になったロンドンで、元軍人たちが“何でも自分でやろう”(DIY=Do it yourself)を合言葉に、町の再建に取り組んだのが始まりとされています。
その運動がヨーロッパ全土へ、そしてアメリカへと広がり、やがてDIYは復興の意味から自分で作るDIYへと変化していったそうです。

あなたはDIYで、何を作りましたか?

大型ホームセンターが増え、今ではすっかり浸透したDIY。ホームセンターで調達した資材で、おしゃれなガーデニングやプロ顔負けのプチリフォームまでこなしてしまうパパも多いことでしょう。
ママだって100均グッズを上手に使って、素敵なインテリアや収納も作っちゃう。

口コミサイト『ウィメンズパーク』のママたちにもDIYの達人がたくさんいます。

「100円均一のものを使って何かを作るのが大好き。ペーパーナプキンで作ったお花をリースにするペパナプフラワーは販売したりしています」

「子どもが映画を観て欲しがったハリーポッターの杖は、カーテーンレールを彫刻刀で削り、紙粘土で持ち手を作り、色を塗ってニスを塗って作りました」

「洗面所の下があまりにも乱雑で100均のすのこと白い箱で引き出し2段の棚が完成。ただ、金額にしたら800円になったので、案外安くもないなあと思いながら、作ることの楽しみ代としてよしとしました」


100均はママのDIYの強い味方!

DIYなら、完成品を購入するより安上がりなのが魅力。
「角材拾ってきて、新築の時に余った棚材を合わせて玄関収納に棚を作成。製作費0円です」

「子どもの落書き用の黒板は、いらないベニヤ板を洗って、黒板になるペンキで塗れば出来上がり。積み木は、建築現場で床材のコッパを拾ってきて作ったので無料! 木材を使った物なら大体無料で作れちゃいます」


安上りどころか、タダで作ってしまう達人、すごいです!

まさに日曜大工のお父さんの上をいく本格的なDIYも、
「ダイニングテーブルに、子どもがシールをべたべた貼ってはがした跡が汚くなってリメイク。紙やすりで磨き、ミルクペイントを塗って、乾いてからトップコートを塗りました。やすりがけが甘かったせいか、つるんっとはいきませんでしたが、材料費4000円ほどで見違えるほどきれいになりました」

「DIYでガッツリと外構工事しちゃいますよ。アプローチやグランドカバーや植栽まですべてやりました。普通、妻は見ているだけで夫がやるんだと思うのですが、我が家は私がガッツリと肉体労働です」


かかるのは材料費だけ。業者に頼む1/3くらいの費用でできちゃいますよね。

収納を作れば部屋はスッキリ、ガーデニングでお庭はきれいに、プチ雑貨ならおしゃれなインテリアに。
DIYで、あなたのおうちも素敵に飾ってみては?
(文・井上裕紀子)

■文中のコメントはすべて、『ウィメンズパーク』の投稿からの抜粋です。

子育て・育児

更新

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  •  

新着記事

新着記事をもっと見る