SHOP

たまひよ会員

  1. トップ
  2. 赤ちゃん・育児
  3. 子どもから「習い事をやめたい」と言われたら? 親がするべき年齢別の対応とは

子どもから「習い事をやめたい」と言われたら? 親がするべき年齢別の対応とは

更新

屋内プールで子供の水泳レッスンを与える水の女性コーチ
monkeybusinessimages/gettyimages

子どもの習い事、子どもがやめたがった時にどう対応していますか? イヤイヤ続けてもいい結果にならないでしょうし、かといって、イヤだからとすぐにやめるのでは「やめぐせ」がつきそう。
そこで、口コミサイト「ウィメンズパーク」のママたちの声を紹介するとともに、家庭教育協会「子育ち親育ち」代表の田宮由美さんにアドバイスをもらいました。

無理強いは良くないという意見が多い傾向

――まずは、ママたちの声を聞いてみましょう。

■ 10か月習っているスイミングをやめたいと言い出した息子
「5歳の年中の息子が、10か月習っているスイミングスクールにもう行きたくないと言いだしました。すぐにでもやめさせたほうがいいのか、少し様子を見てからのほうがいいのか、悩んでいます。
これまでは楽しそうに通っていたのですが、進級して難しくなったのが原因だと思います。『明後日スイミングだね』と私が言うと、『スイミング、イヤだ』と泣いてしまいました。
習い事をやめる決断はどうすればいいのでしょうか」

■ 我が家は一度やめて、小学校で再度始めました
「3歳からスイミングスクールへ行き始めましたが、ちょっとしたきっかけでプールに落ちて、それから行きたくないと言うようになり、少し様子を見てからやめました。
その後、違うスクールの短期レッスンに通ったところ、『やりたい』と言い出し、小4の現在も通っています。何がきっかけで復活するかわからないので、本人の様子次第だと思います」

■ あまり小さいうちから始めても意味がないのでは
「あまり小さいうちは難しいので、やめたいというのなら一度やめて、少し成長してから仕切り直してはどうでしょうか。
まだ、母子分離ができていない状態で預けても得るものは少ないと思います。お子さんの成長に合わせた習わせ方が一番です」

■ イヤがるならやめてよし。基本は子どもが習いたいと言ってから
「子どもがイヤがるようなら、うちでは習わせません。
我が家はピアノとサッカーを習わせてます。実は年中の時、バイオリン教室の体験にも行ったのですが、子どもからイヤだと断固拒否されたので習わせませんでした。
スイミングスクールなどは、小学生なってからでも十分上達できる習い事だと思います」

幼児と小学生以上では対応は変わる

子どもが習い事をやめたいと言い出す経験は、多くの親御さんが経験していることのようですね。
家庭教育が専門で、多くの相談にのってきた田宮由美さんに、どう対応したらいいか、聞きました。

「子どもが習い事を『やめたい』と言い出した時、親御さんは悩まれることでしょう。
せっかく教材やユニフォームなど用具を揃え、習い始めたにも関わらずにやめるのは、親としては残念な気持ちになると思います。

だからと言って、無理にイヤイヤ続けさせても、技術も向上せず、時間と費用の無駄になるどころか、子どもの心にネガティブな影響を与えることも考えられます。
では、直ぐにやめさせれば良いのかと言うと、『嫌なら、やめればいい』という安易なやめぐせがつくことも懸念されます。それでは、習い事によって向上が期待される努力や頑張る力も身に着かないでしょう。

では、親はどのように対応すればよいのでしょうか。

幼児の場合は、まず、休むことを提案してみると良いでしょう。
スポーツ系の習い事の場合、体力的について行けず、イヤになる場合があります。少し時間が経ち、体が成長し、体力がついてきたら、また続けたくなることもあります。
子どもの気持ちは、ちょっとしたことで、変わったりするものです。
文科系の習い事の場合も、期間をあけて考えることや親の励ましの言葉で、続ける意欲が湧いてくることもあるでしょう。

小学生以上の場合は、まずやめたくなった理由を尋ねましょう。
その理由に対し、解決案を話し合いながら対応していってください。
例えば指導者や周囲の友だちと、なにかトラブルがあり、イヤになった場合は、可能であれば、クラスや曜日の変更を申し出るのもよいでしょう。

もちろん小学生でも、期間をあけて考え直したり、継続する促しや励ましの言葉をかけたりするのも必要です。
それでも、どうしても『やめたい』と言うのでしたら、やめてもいいと思います。

ただしこの時、直ぐにやめるのではなく、目標を設定して、達成すればやめるようにすると良いでしょう。
例えば、スイミングなら、クロールが合格するまで、ピアノなら、新しい曲が弾けるようになったらなど、親子で目標を決めてから、やめるようにすれば、目標まで努力することや頑張る力も養われるでしょう」

年齢に応じた対応はわかりやすいですね。また目標を設定することも、親も子どもも達成感や納得感が得られて、プラスの感情が生まれそうです。ぜひ、参考にしてください!
(取材/文・橋本真理子)


■文中のコメントは『ウィメンズパーク』の投稿を再編集したものです。

田宮由美さん

PROFILE
家庭教育協会「子育ち親育ち」代表。保育士、幼稚園教諭、小学校教諭の資格を取得後、幼児教室、幼稚園、小学校で勤務。小児病棟への慰問や、子どもの悩みの相談員など、多方面から多くの親や子どもに関わる。現在は、執筆を中心に講演、個別指導等で活動。国内有数の子育てサイトをはじめ、新聞、雑誌、企業への執筆、監修記事は、多くの共感を得ている。テレビ・ラジオにも出演。著書に『比べない子育て』(一万年堂出版)、『子どもの能力を決める0歳から9歳までの育て方』(KADOKAWA)などがある。

■おすすめ記事
年中さんの夏にこそ伸ばしたい!子どもの成長に大切な3つの〇〇力とは?

赤ちゃん・育児の人気記事ランキング

関連記事

赤ちゃん・育児の人気テーマ

新着記事

ABJマーク 11091000

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 第11091000号)です。 ABJマークの詳細、ABJマークを掲示しているサービスの一覧はこちら→ https://aebs.or.jp/

本サイトに掲載されている記事・写真・イラスト等のコンテンツの無断転載を禁じます。