SHOP

たまひよ会員

  1. トップ
  2. 赤ちゃん・育児
  3. 「3歳の子ども」「20万円」「夫」など、貸してと言われてびっくりしたもの、ママたちの声

「3歳の子ども」「20万円」「夫」など、貸してと言われてびっくりしたもの、ママたちの声

更新

黄色の背景を持つ幸せな美しい若いアジアの女性は、広告、幸福と笑顔を挿入するための美しさの手のひら上のコピースペース想像を保持しています。魅力的な美しい女の子の肖像画
Love portrait and love the world/gettyimages

口コミサイト「ウィメンズパーク」に、「貸してと言われて驚いたもの、ありますか?」という声が届きました。話は懐かしい学生時代にまで遡り、さらにママ友や見知らぬ人から言われた驚きの「貸して」がありました。

まずは人間性を疑う「人間」と「お金系」を貸して編

「友人から『子ども(3歳)貸して』と言われました。彼氏とのデートに連れて行きたいんだと。
家族ごっこをしたかったようです。もちろんお断り。その後、ゆっくり疎遠になりました」

「私は会社の同僚女性から『夫を貸して』と、言われました。『元彼がしつこくて。もうすぐ婚約する今彼として紹介したい。土日に貸して』ですって。
いやいや、あなた社内で色目使いまくる危ない女で有名じゃないの。貸すわけないじゃい! と、心の中で毒づきながら、ひきつった笑顔できっぱりお断り。
しばらく社内の女子ロッカーはその話題でもちきりでした」

「私は『彼』です。『海外旅行へ行くので空港まで送って欲しい』が理由。意味わからん』

「20万円です。幼稚園でまぁまぁ仲良くしていたママ友です。
『ATMで20万円おろしたけど、ATMでとり忘れたのか落としたのか、見当たらない。夫に知られたら大変なことに。来月には返すからお願い』
1万円でもびっくりなのに20万円って。もちろんお断り。小学校に上がってからは疎遠になりました」

「私は真珠のネックレスです。近所のママ友で『冠婚葬祭で使いたい』と。貸すわけないじゃん」

「図書券(昔なので紙タイプ)です。バイト先の大好きな先輩から誕生日プレゼントとしていただき、感動して『大事な本を買うときに使おう』と、決めていました。
学校の大事な課題で書籍が必要になり、本屋のレジで図書券を出したら、横にいた友人が『私もその書籍を買わなきゃ。お金が足りないからその余っている図書券貸して』と。
『え? じゃあ返してくれるの?』と、言ったら『券でしょ、紙でしょ、返す必要ある?』と。
は? 図書券ってお金と同じだから! と、思いつつ『ごめーん』と、断りました。もちろんその後、疎遠です」

「通学の定期券です。高校のとき、日曜日で自宅でまったりしていたら突然ピンポン。そこには中学時代の同級生が立っていました。在学中もろくに会話したことのない同級生がなんの用? と、思っていたら『定期券を貸して』。
きっぱりお断り。それっきりです。一体何だったの?」


あのときは若かった。今思えば考えられない「貸し借りしたもの」

「高校の時、ブルマ(歳がばれそう)を忘れました。そしたら友人が履いているブルマを脱いで『はい』と、渡してくれました。
私は何も思わず生ぬるいブルマを履いて体育をこなし、『はい、ありがと』と、返したら、友人も迷いなくその場で履いていました。
今思えばシュールな光景よね」

「テニスのアンダースコートです。私の試合が終わったら友人が待ち構えていて『忘れたから貸して』と。
断りたかったけど友人の試合がすぐに始まるというので、更衣室で生ぬるいソレを脱いで渡しました(笑)」

「私は1日履いた靴下です。友人はバレー部だったのですが、部活ではソックス必須なのにタイツで登校。
私はタイツにソックスだったので『貸して』と、言われて。1日履いてるぞ……と、思いつつ貸しました」

「化粧品です。新入社員の頃、大っ嫌いな同僚に頼まれました。
リップやファンデは直接肌につけるものだから嫌だったけど、断れる雰囲気ではなく。
返してもらった時に、ティッシュでこれ見よがしに拭きました。本人は『気にしないのに』と、言っていたけど私が気になるの!」


見知らぬ人からの「貸して」は、驚愕度が倍増

「3歳の子どもと某テーマパークへ行ったら、見知らぬ親子から『ベビーカーを貸して欲しい』と、言われました。
『私、妊婦なんです。我が子が全然歩いてくれなくて。何時に帰ります? その頃出口で返します』と、声をかけられてポカーン。
我が子はガンガンに歩いてて、ベビーカーは荷物置き場状態ではあったけど……でもねぇ。ちょっと後ろめたかったけど断りました」

「公園で見知らぬ子ども連れから『虫刺されの薬を貸して』と、言われました。
『塗るタイプしか持っていない』とやんわり断っても『構いませんよ〜』と言われ、悩みながらも貸したら。
『掻きむしって大変だったから助かりました〜』と、子どもの血だらけの腕を見せられて。
え? そこに塗ったの? と、驚愕。その塗り薬は泣く泣く捨てましたよ。
30m先にドラッグストアの看板あるやん! 」

「わかります! なんなんでしょう、見知らぬ親子の『貸してもらって当たり前』みたいなあの態度。
私は池のある大きな公園で、魚の餌を売店で買って子どもとキャッキャと言いながら、楽しくあげていました。
すると見知らぬ親子から『餌、貸してもらえませんか?』と。
は? 貸す? どうやって返すの? と、思いつつ『売店で売ってますよ〜』と、言ったら『ケチくさ!』と、目を見て言われました。
あー! 20年たった今も怒りが湧いてくる!」



このほかにもノート型パソコン(個人情報入ってます)、ブラとショーツ(使用済みのもの)、高級ロードバイク(数10万円)などなど、たくさんの「ありえない貸して」の体験談が届きました。



文/和兎 尊美


※文中のコメントは「ウィメンズパーク」の投稿を再編集したものです。
※記事の内容は記事執筆当時の情報であり、現在と異なる場合があります。


あなたの子育てエピソードを大募集!

自分自身のこと、子育てでよかったこと、ママ友との関係、家族やパートナーに対する感謝や不満など大きな声では言うほどではないけど、ちょっと誰かに言いたい育児にまつわるさまざなエピソードを募集します。
お寄せいただいた声はたまひよの記事として公開される予定です(すべての投稿が掲載されるわけではございません。予めご了承ください)。

※投稿規約を必ずお読みの上記入してください。

子育てエピソードを投稿する

■おすすめ記事
年中さんの夏にこそ伸ばしたい!子どもの成長に大切な3つの〇〇力とは?

赤ちゃん・育児の人気記事ランキング

関連記事

赤ちゃん・育児の人気テーマ

新着記事

ABJマーク 11091000

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 第11091000号)です。 ABJマークの詳細、ABJマークを掲示しているサービスの一覧はこちら→ https://aebs.or.jp/

本サイトに掲載されている記事・写真・イラスト等のコンテンツの無断転載を禁じます。