1. トップ
  2. 赤ちゃんの子育て・育児
  3. 初耳な人も多い?懐かしのインターネット用語

初耳な人も多い?懐かしのインターネット用語

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

iStock.com/gpointstudio

世界初の日本語ワードプロセッサーが発売に【9月26日はワープロ記念日】

1978年(昭和53年)のこの日、世界初の日本語ワードプロセッサー、通称「ワープロ」が発売になりました。「ワープロ」とは文書の入力や編集、保存ができる機器。2000年代に入り、パソコンが普及するまでは企業や家庭で広く使用されていました。

今から20年くらい前のインターネットの常識とは?

進歩の速度が速いだけに、世代によって「知ってる!」「何それ?」の差が大きいデジタルの世界。ワープロに限らず、パソコンやスマホも、物心ついたときから当然のようにあったというママと、大人になってから登場したというママに分かれるはず。口コミサイト『ウィメンズパーク』で見つけた「懐かしのインターネット用語」という口コミも、世代によって反応が大きく分かれそうです。あなたは懐かしい世代? それとも初耳な世代?

「テレホーダイ。
毎日、23時になるのが待ち遠しかったです(笑)
私は混雑を避けて5分前くらいからつなげてました。
チャットも、23時をすぎるとどんどん人が増えていって、盛り上がる時間帯でした」

「ネット接続時のボツツツツ、ボツツツツ、ピーヒュルルルみたいな音とか懐かしい~
電話がかかってきたり、家族が電話しだすと回線落ちる(笑)」

「ホームページを持つ企業やサービスがちらほら出てきた当初は、ヤフーさえもないし、URLを知る手段もない時代なので、NTTのディレクトリ(中の人が手動更新)サービスから、ネットサーフィンしてました」

「個人BBSと言えばティーカップ。HPは自作でも、BBSはティーカップのレンタルとか、個人サイトでは良くありました」

「TOPのアクセスカウンタのキリ番踏んだ人は報告して下さいね、踏み逃げ禁止!とか(笑)」

「携帯でメールができなかった時代、ポケットボードと言う、携帯に繋げてメールが送れる小さなキーボードみたいなの、使っていました」

デジタルやインターネットの進化でいろいろなことが便利になりましたが、不便だった時代にも楽しかった思い出がありますね。
(文・古川はる香)
■文中のコメントはすべて、『ウィメンズパーク』の投稿からの抜粋です。

子育て・育児

更新

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  •  

新着記事

新着記事をもっと見る