1. トップ
  2. 赤ちゃんの子育て・育児
  3. ハーフバースデー★おめでとう!【4月生まれ】赤ちゃんの10月のお世話

ハーフバースデー★おめでとう!【4月生まれ】赤ちゃんの10月のお世話

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

4月生まれの赤ちゃんは、このころどんな様子なのでしょう?
「生後6か月」になる4月生まれの赤ちゃんは、手の使い方が上達し、ものを持ち替えたりします。「いないいないばー」が大好きで、手足をバタバタさせて笑い声をあげることも。そんな感情表現の豊かになった赤ちゃんとの10月の過ごし方を紹介します。

短時間なら一人でおすわりできるように

このころの赤ちゃんは、少しの間なら一人でおすわりができるようになります。しかし、最初のうちは、背中を丸めて、前に両手をつく不安定な姿勢なので、倒れて頭をぶつけないように注意を。寝返りが上達し、脚で勢いをつけなくても腰をひねってクルリと回転できるようになります。
寝返りを始めたら、家中の安全対策をしましょう。階段の上と下やキッチンの入り口に柵を取りつけたり、ベランダの出入り口にロックを。また、おふろの浴槽に落ちておぼれることがあるので、浴室のドアに鍵をかけ、湯を抜く習慣をつけましょう。

寝る前のおふろでぐっすりねんね

早寝早起きの生活リズムを定着させたい時期です。離乳食は様子を見ながら2回食へ。2回目の離乳食は1回目から3~4時間あけて、夜遅くならないようにします。
昼間はお散歩や体を使った遊びで活動的に過ごし、夜はおふろで体をよく温め、湯冷めしないように早めに寝かせましょう。このころになると、夜中の授乳は自然に減っていきますが、赤ちゃんが欲しがったときは、湯冷ましや麦茶を飲ませて寝かしつけるなどの工夫をしてもいいですね。

6~7カ月健診を受けましょう

おすわりや寝返りなどの様子をチェックします。ただし、個人差が出始める時期なので、寝返りはしなくても心配ありません。手の機能、人見知りやおもちゃへの興味なども診ます。育児の心配など気になることを相談することもできます。6~7カ月健診を実施していない自治体では、自費になりますが、医療機関で個別に受けられます。

いかがでしたか?少しの間なら一人でおすわりをして、おもちゃで遊べるほど大きくなった、4月生まれの赤ちゃん。今月はハーフバースデー。家族でお祝いをするのもいいですね!
(文・たまひよONLINE編集部)

※『4月生まれの赤ちゃんガイド』(ベネッセコーポレーション刊)より抜粋
amazonで詳しく見る

■おすすめ記事
家庭でのおむつ替えを快適にしたい…便利グッズ4選!

子育て・育児

更新

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  •  

新着記事

新着記事をもっと見る