1. トップ
  2. 赤ちゃんの子育て・育児
  3. 「子どものゲーム時間」どう決める? どう守らせる?

「子どものゲーム時間」どう決める? どう守らせる?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


【7月15日はファミコンの日】伝説の家庭用ゲーム機が発売に!

1983年7月15日、任天堂から家庭用ビデオゲーム機『ファミリーコンピュータ』が発売されました。最初に発売されたソフトは『ドンキーコング』、『ドンキーコングJr.』、『ポパイ』の3本。今でもおなじみのソフト『スーパーマリオブラザーズ』の発売は1985年、『ドラゴンクエスト』の発売は1986年だったそうです。

「ゲームばっかり!」は親として避けたいですが…

きっとママたちもファミコンやゲームボーイなどでゲームで遊んだ記憶があるはず。子どもがゲームにハマる気持ちもわかりますが、やりすぎは避けたいのが親の正直な気持ち。
『ウィメンズパーク』でも、「どのくらいの時間、ゲームをOKにしているか」でママたちが意見を交換していました。

「うちは、ゲームのきめごとを張り紙してあります。
外出先でも、みんなといるときはなし。朝なし。宿題、やることやってから夜8時半まで」

「うちは朝の6時から自主的に起きて準備したあと、ごはんを食べる時間6時45分まではゲームOKです。朝、時間を守れなかったときはその日ゲームなし。夕方なら次の日ゲームなしとなってます。子どもと話し合い決めたルールです」


「1日●分」というルールより「この時間まで」というルールにしているママが多い印象です。
では、決めたルールを守らせるためにママたちがやっているのは?

「やめさせるときは、RPGのようなものなら、15分前に、いつでも保存ができるものは5分前くらいに声かけます。
『そのダンジョンが終わったら、やめてね』『あと15分で時間だから、キリのいいときにやめてね』『あと、5分だから』『はい、終了♪時間だから約束通り切るよ』と最後通達して、どうしてもやめない場合は、『明日から1日ゲームなーし!』といいます」


ルールの守らせ方で、「前もって予告」と「ルールを破ったらゲームなし」は多くのママが実践してるようです。親子ともゲームとうまくつきあえるとよいのですが…。(文・古川はる香)
■文中のコメントはすべて、『ウィメンズパーク』の投稿からの抜粋です。

※この記事は「たまひよONLINE」で過去に公開されたものです。

■おすすめ記事
本当に安全な赤ちゃんのおもちゃって?おもちゃを選ぶポイントをチェック!

子育て・育児

更新

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  •  

新着記事

新着記事をもっと見る