SHOP

たまひよ会員

  1. トップ
  2. 赤ちゃん・育児
  3. ひとりの時は好きにさせて!洗い物なし、包丁も必要なし!主婦が食べてるカンタン手抜きメシ

ひとりの時は好きにさせて!洗い物なし、包丁も必要なし!主婦が食べてるカンタン手抜きメシ

更新

AaronAmat/gettyimages

今回のテーマは、自分ひとりの時だからこそできる、ママたちが日頃やっている究極の手抜きメシを紹介。口コミサイト「ウィメンズパーク」に投稿されているママたち自慢のひとりメシを紹介するとともに、超簡単にできるオススメ手抜きメシを、管理栄養士の資格を持ち、家事代行マッチングサービス「タスカジ」で人気の料理専門ハウスキーパー、のりさんに教えてもらいました。

冷凍食品に残り物、使い回しテクと十人十色

――まずは、ママたちの実践例を紹介します。

■ 冷凍ご飯に即席みそ汁に…。でも食べたいものを食べるの幸せ!
「冷凍ご飯をチンして、即席みそ汁とイカの塩辛。そして、ちょっとお高めソーセージを1本。幸せです!ひとりで食べたい物を食べるの、良いですよね」

■ 冷凍パスタに冷凍パン。洗い物も不要です!
「冷凍パスタと冷凍したレーズンパンです!洗い物もいりません」


――ラーメン派も何人か。

■ カップラーメンだっていいじゃない!
「今日は、カップラーメンにプロテインいちご味。
ランチとかテイクアウトとかに行く気分じゃなかったので」

■ ラーメンの袋麺は何かの時の備蓄として優秀!
「袋麺のサッポロ一番塩とんこつラーメン。
これ発売されたときに買って『美味しい!』と思い、数袋買っていたのですが、気がつけばラスト1袋。堪能させていただきました(笑)」

■ トッピングでグッと美味しさアップの袋麺
「私は一蘭袋麺です!ネギ増し増しと卵、高級ハムを入れて美味しくいただいています」


――残り物ですが、なにか?よく食卓にあがるもの。

■ 大量に作ったカレーの使い回し!
「昨日作った野菜カレー&パックご飯です。
ちなみに朝もカレー、夕飯もカレーの予定です。体からカレー臭が…」

■ カレー最強
「昨夜の残りの白米と無限キャベツ。そしてレトルトカレー。
カレー最強」

■ 残り物バンザイ!
「子どもの弁当のために炊いたご飯、半額で買った焼き鳥、昨晩の鍋の残りとひじき。
残り物バンザイ!」

タスカジさんがアドバイスする手抜きメシテク

――ストック品なども駆使して、パパッと準備できるものが多いですね。
最後に、家事代行マッチングサービス『タスカジ』で人気の料理専門ハウスキーパーのりさんに、手抜きメシテクを伺いました。

「簡単ランチは、ご飯や麺などの主食に偏りがちです。朝食や夕食でバランスを取れば大丈夫ですが、野菜やタンパク質を加えることを意識するとベターです。
いくつか、簡単に手抜きメシになる便利なテクをご紹介しましょう。

■ 電子レンジで目玉焼き風
底が丸い小鉢やコップ(丸い形に仕上がります)に、大さじ1杯ほどの水を入れ、生卵を割り入れます。
黄身に一カ所箸で穴を開け、小皿で蓋をして(高確率で卵が破裂するので、庫内の汚れ防止に)、600wの電子レンジで50秒〜1分加熱します。

ご飯に残り物をのせるだけだと寂しいですが、このお手軽目玉焼き風を足すと、満足感も栄養もアップします。ご飯にレトルトハンバーグ、その上に目玉焼きをのせると、ロコモコ丼になりますよ。

■ おにぎらず
全形の海苔1枚に、ご飯とおかずをサンドイッチ状に包む『おにぎらず』は、具がたっぷり入ります。朝にお弁当を作る家庭なら、残ったおかずでお昼の自分用におにぎらずを作っておくと、あとは片手で持って食べるだけなので便利です
中に入れる具は、水分が出にくいおかずであればなんでも大丈夫。ハンバーグや唐揚げ、きんぴら、ツナマヨもたっぷり入れられます。
海苔は海の野菜といわれるほど栄養豊富。全形1枚食べるので、野菜やミネラルもたっぷり食べた気分になります。

■ 半茹でパスタの冷凍ストック
1人分のパスタを茹でるのに、お湯を沸かして茹でるのは時間もかかり、なかなか面倒です。
家族用にパスタを茹でる際に、茹で時間の半分強(9分のパスタでは5分)で、1人分を取り分けて、冷凍しておくと便利です(ざるに取って水分を切り、ポリ袋に入れて、薄く油を絡め冷凍しておく)。
この冷凍パスタと水150ccを鍋に入れ、蓋をして水分がなくなるまで加熱すれば(概ね5分)、1人分のパスタがあっという間に用意できます。
おいしいパスタソースがたくさん売られているので、常備しておくと、家でのおひとり様ランチが充実したものになりますよ。

人気のインスタントラーメンは、鍋で加熱する袋麺なら栄養バランスが取りやすいのでいいですね。冷凍野菜(ほうれん草など)と卵を入れるとばっちりです」

(お話/のりさん)

自分1人分だから手間をかけたくない、でも好きなものが食べたい。そんなひとり手抜きメシは、ちょっとの知恵や常備でグンと充実しそうですね。試してみます!
(取材・文/橋本真理子)


※文中のコメントは口コミサイト「ウィメンズパーク」の投稿を再編集したものです。
※記事の内容は記事執筆当時の情報であり、現在と異なる場合があります。

のりさん

PROFILE
家事代行マッチングサービス『タスカジ』で活動する料理専門のハウスキーパー。管理栄養士。大手ファミリーレストランで調理⻑・工場の品質管理や保育園栄養士と、料理の仕事に長年従事し、2017年にタスカジに登録。集団調理の経験から、スピードと段取り力に定評あり。離乳食・幼児食から、野菜をたくさん使った家庭料理まで得意分野は幅広く、料理のバリエーションも多い。3児の母。

あなたの子育てエピソードを大募集!

自分自身のこと、子育てでよかったこと、ママ友との関係、家族やパートナーに対する感謝や不満など大きな声では言うほどではないけど、ちょっと誰かに言いたい育児にまつわるさまざなエピソードを募集します。
お寄せいただいた声はたまひよの記事として公開される予定です(すべての投稿が掲載されるわけではございません。予めご了承ください)。

※投稿規約を必ずお読みの上、ご記入ください。

子育てエピソードを投稿する

■おすすめ記事
冷蔵庫で発見!なかなか減らない調味料代表【夏にぴったり!ポン酢使いきりレシピ】

赤ちゃん・育児の人気記事ランキング

関連記事

赤ちゃん・育児の人気テーマ

新着記事

ABJマーク 11091000

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 第11091000号)です。 ABJマークの詳細、ABJマークを掲示しているサービスの一覧はこちら→ https://aebs.or.jp/

本サイトに掲載されている記事・写真・イラスト等のコンテンツの無断転載を禁じます。