1. トップ
  2. 赤ちゃんの子育て・育児
  3. 伝い歩きをする子が多くなります!【1月生まれ】赤ちゃんの11月のお世話

伝い歩きをする子が多くなります!【1月生まれ】赤ちゃんの11月のお世話

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

1月生まれの赤ちゃんは、このころどんな様子なのでしょう?
つかまり立ちに伝い歩きと、あちこち動き回る「生後10か月」の1月生まれ赤ちゃん。ママやパパのまねっこも大好き!そんな赤ちゃんのお世話のポイントを紹介します。

好奇心からの探索活動が盛んです

このころの赤ちゃんは、行動範囲が広がり、手当たり次第にいろいろなものに触ります。引き出しの中身をばらまいたりしますが、これはいたずらではなく、好奇心からまわりのものを確かめる探索活動です。心の発達に必要なプロセスなので危険なものは片付け、ある程度自由にやらせてあげましょう。
また、つかまり立ちが上手になり、つかまったまましばらく立っていられたり、片手におもちゃを持って立っていられるようになります。伝い歩きをする子も多くなりますが、はいはいの方が素早く移動できるため、伝い歩きができても、しない子もいます。

公園で体を動かして遊びましょう

寒い日が増えてきますが、天気のいい日は公園で外遊びをしましょう。ママやパパに体を支えてもらいながら滑り台で遊んだり、抱っこでブランコに乗ったり。遊具がなくても、芝生の上ではいはい、ベンチで伝い歩きと、体を思い切り動かせます。たくさん遊ぶと食欲が出て、夜はぐっすり。20時ごろには寝かせて早寝早起きのリズムを定着させましょう。
つかまり立ちが上手にできるようになったら、パンツ型おむつに切り替えてもよいでしょう。おむつを替える間もじっとしていない時期なので、赤ちゃんが立ったまま替えられるパンツ型が楽になります。ただ、うんちがゆるい場合はテープ型の方が替えやすいようです。時間帯やうんちの状態で使い分けても。

赤ちゃんも手洗いの習慣を

これからの季節は、風邪やインフルエンザが流行り始めるころ。ママやパパは家へ帰ってきたら、必ずうがいと手洗いを忘れないようにしましょう。手洗いは、泡立てた石けんで、手の甲、指の間、指先、手首までていねいに洗い、洗ったあとはよく乾かします。赤ちゃんも外から帰ってきたら、ママやパパと一緒に手を洗う習慣をつけましょう。

いかがでしたか?「バイバイ」「バンザイ」など大人のまねが上手になる1月生まれの赤ちゃん。まねややりとり遊びを取り入れてたくさん遊びましょう!
(文・たまひよONLINE編集部)
※『1月生まれの赤ちゃんガイド』(ベネッセコーポレーション刊)より抜粋
amazonで詳しく見る

■おすすめ記事
赤ちゃんともっと仲よくなりたいパパがやっておきたい3つのこと

子育て・育児

更新

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  •  

新着記事

新着記事をもっと見る