1. トップ
  2. 赤ちゃんの子育て・育児
  3. 子育てに「ビデオカメラ」いる?いらない?

子育てに「ビデオカメラ」いる?いらない?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

iStock.com/Yue_

【10月29日はホームビデオ記念日】世界初の家庭用VTR規格が誕生

1969年の10月29日、ソニー・松下電器・日本ビクターが世界初となる家庭用VTRの規格「U規格」を発表しました。これを記念して、ホームビデオ愛好家グループによって制定されたのが「ホームビデオ記念日」です。その後、本格的な家庭用小型ビデオの開発が進み、1975年にソニーがベータ形式、1976年に日本ビクターがVHS形式のビデオデッキを発売しました。今では家庭用ビデオデッキからさらに進化を遂げ、HDDレコーダーが一般的になりましたね。

子どもの動画撮影、スマホやデジカメで十分?

今やビデオデッキがある家庭はほとんどないと思いますが、動画を撮影のためのビデオカメラを持っている人はいるのでは? ただ、スマホやデジカメでもある程度の動画撮影が可能になり、あえてビデオカメラを購入する必要があるのかは悩ましいところですよね。ビデオカメラが必要か、必要でないかについて口コミサイト『ウィメンズパーク』のママたちに意見を聞いてみました。

「うちは上の子が3才の幼稚園年少のとき、運動会を機に買いました。
1才から保育園でしたが、その時はあまり必要性を感じていませんでした。
一応、スマホで動画は撮ってますし、一眼レフで写真は撮ってます。
ビデオを買ってからは、撮るのは毎回多くはないですが、後で見返すときや実家に行って見せるときに、1つのデータの中に全て入ってるので、成長を見返しやすいです」

「乳幼児期に使う頻度は、デジカメ→ビデオカメラ→一眼レフでした。
幼稚園や小学校に入れば、確実にビデオカメラが必要です。
一眼レフだと、会場でビデオの邪魔にならないところを選ぶ必要があります。
(幼稚園や学校の運動会、発表会は大体ビデオカメラ最優先です)」

「うちはビデオ派です。パソコンとつなぐと、専用ソフトが起動され、それをつかって、ビデオの画像をコマ送りして一番いい表情、瞬間を写真に保存することもできます。
もちろん、携帯のカメラもよく使いますが、こちらは保存版という意識では使っていません」

「新婚旅行の時に買ったビデオカメラを愛用中です。
出産の時も、家族旅行も、幼稚園の行事などもビデオカメラで撮っています。
動画を撮りながら、シャッターも切れるので便利です」


「ビデオカメラはあったほうがいい」という意見が圧倒的!
では、「必要ない」派の意見は?

「ビデオカメラは全く使っていません。
生まれて3年、今のところ1度も使っていません。
動画を撮りたい瞬間にビデオカメラを用意する暇がないんですよ…
写真もそうなんですが、今はスマホの画素数も高いですし、コンデジだとあまり大差ない気がします」

「第一子出産前にビデオを買いましたが、最初のうちは活躍してました。
が、年齢が上がるにつれて、ビデオが活躍するのは運動会とお遊戯会のみになり・・・。
ビデオは後々活躍する機会も減ってきたりするので、活躍する期間が長い一眼レフでもいいんじゃないかなと思います・・・」

スマホやデジカメでも動画は撮れますが、行事などしっかり動画を撮りたいときはビデオカメラが本領を発揮するんですね。
(文・古川はる香)
■文中のコメントはすべて、『ウィメンズパーク』の投稿からの抜粋です。

■関連記事
一瞬の表情を永遠に! 写真のプロが伝授する、オシャレなアルバムの作り方
【スマホ撮影のコツ】年賀状に差がつく!家族写真は「三角構図」でセンスUP
[10年ぶりに妊娠しました#20] 時代と共に ~思い出の残し方~

子育て・育児

更新

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  •  

新着記事

新着記事をもっと見る