1. トップ
  2. 赤ちゃんの子育て・育児
  3. うれしいと笑い声をあげるように!【1月生まれ】赤ちゃんの7月のお世話

うれしいと笑い声をあげるように!【1月生まれ】赤ちゃんの7月のお世話

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

1月生まれの赤ちゃんは、このころどんな様子なのでしょう?
生後6カ月になる1月生まれの赤ちゃんは、少しの間ならおすわりしておもちゃで遊べるように。おもちゃの持ち替えも上手にできるようになった赤ちゃんとの、7月の過ごし方を紹介します。

いろいろな理由で泣きます

生後6カ月になると、喜びや怒り、さみしい、悲しいなどの感情表現が豊かになります。うれしいときは手足をバタバタさせて笑い声を上げます。反対に、自分の要求が満たされないと怒って大泣きします。知らない人を怖がって泣いたり、大きな音を恐れたりもするようになります。
そんな、こまやかな感情が芽生えた赤ちゃん。このころ、少しの間なら一人でおすわりができるようになります。また、寝返りが上達し、脚で勢いをつけなくても腰をひねってクルリと回転できるようにもなります。

歯のケアを始める準備をしましょう

歯が生えてくる前に、離乳食のあとは湯冷ましを飲ませて口の中を清潔にすることを習慣づけましょう。歯が生えてきたら、湿らせたガーゼで歯をふきますが、急にやると嫌がるので、授乳のあとなどに抱っこでスキンシップをしながら、口のまわりや中をふいて、口に触れられることに慣れさせて。
もしくは、ベビー用歯ブラシを、のどを突かないように親が持ち、なめたりかんだりさせて、歯ブラシの感触に慣れさせるのもいいでしょう。

暑い夏!エアコンは上手に

梅雨があけたら夏到来。1月生まれの赤ちゃんが初めて経験する暑さです。エアコンを上手に使って暑さを乗りきりましょう。外気との温度差は5度以内くらいが設定温度の目安です。冷たい空気は下に流れるので、大人のいる場所よりも、赤ちゃんがいる場所の方が冷えていることがあるので注意しましょう。エアコンの風が赤ちゃんに直接あたらないように気をつけて。
そろそろ、動きやすい上下にわかれたウェアを準備しましょう。暑い日は肌着のみ、または肌ざわりのよいウェア1枚で過ごしても。

いかがでしたか?ハーフバースデーを迎える1月生まれ赤ちゃん。誕生のころから比べると体もだいぶ大きくなり、できることも増えました。この半年間の赤ちゃんの成長を記念して、家族でハーフバースデーのお祝いをするのもいいですね。(文・たまひよONLINE編集部)
『1月生まれの赤ちゃんガイド』(ベネッセコーポレーション刊)より抜粋

※この記事は「たまひよONLINE」で過去に公開されたものです。

子育て・育児

更新

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  •  

新着記事

新着記事をもっと見る