1. トップ
  2. 赤ちゃんの子育て・育児
  3. 大人の行動に興味津々!【11月生まれ】赤ちゃんの7月のお世話

大人の行動に興味津々!【11月生まれ】赤ちゃんの7月のお世話

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

11月生まれの赤ちゃんは、このころどんな様子なのでしょう?
おすわりが上手になり、はいはいで移動する赤ちゃんも。ママやパパへの愛着が増し、人見知りがピークになる生後8カ月の赤ちゃんの7月の過ごし方をご紹介します。

大人の使う道具や音の出るおもちゃが大好きに!

おすわりが安定し、座ったまま横にあるおもちゃを取れるようになった赤ちゃん。この頃は、大人が使う道具に触れたがります。リモコン、電話、キッチン用品など、おもちゃではないもので遊ぶことを好む子も。大人の行動に興味を持つようになるためですが、危険なものはその場で「ダメ」とはっきり伝えましょう。おもちゃでは、太鼓やタンバリンなど触ると音の出るものが大好きに。

離乳食はモグモグの様子をみながら進めて

上あごと舌で食べ物をつぶして食べられるように練習していきます。一度に口に入れる量が多すぎたり、次から次へと口へ運ぶと、丸飲みしてしまいがち。赤ちゃんがモグモグしているか観察しながら、ちょうどいい量をゆっくり口に運びましょう。食べ方が早いときは、「モグモグね」と、ママやパパがモグモグして見せて。
食欲が落ちているときは、ごく少量の塩やみそ、しょうゆを使って味に変化をつけてもいいですね。
真夏の暑さで食が進まないときでも、元気に遊べれば大丈夫。思う存分、はいはいや体を動かせる、公園や児童館などの遊べるスペースも活用しましょう。

夏に流行する感染症について知っておきましょう

夏に流行するウイルス性の感染症にかかりやすい時期です。ヘルパンギーナなどのいわゆる夏かぜは、重症になることは少ないものの、のどの奥や口の中に水疱や腫れを伴うことが多く、赤ちゃんにとってはつらい病気です。飲んだり食べたりができなくなったときや、熱でぐったりしているときはすぐに受診しましょう

いかがでしたか?モグモグ離乳食を食べたり、はいはいで移動できるようになる生後8か月の赤ちゃん。夏の病気に気をつけて、たくさん遊んで楽しんでくださいね。(文:たまひよONLINE編集部)
『11月生まれの赤ちゃんガイド』(ベネッセコーポレーション刊)より抜粋

※この記事は「たまひよONLINE」で過去に公開されたものです。

子育て・育児

更新

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  •  

新着記事

新着記事をもっと見る