1. トップ
  2. 赤ちゃんの子育て・育児
  3. まねっこ遊びでたくさんふれあいを!【9月生まれ】赤ちゃんの7月のお世話

まねっこ遊びでたくさんふれあいを!【9月生まれ】赤ちゃんの7月のお世話

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

9月生まれの赤ちゃんは、このころどんな様子なのでしょう?
行動範囲が広がり手当たり次第にいろいろなものに触れたり、大人のまねっこをするようになる生後10か月の9月生まれ赤ちゃん。とにかく好奇心旺盛で目が離せない時期。そんな赤ちゃんの7月のお世話を紹介します。

まねややりとり遊びでたくさん遊びましょう!

ママやパパが音楽に合わせて体を動かすと、赤ちゃんもまねして体を動かします。親子で踊って楽しいコミュニケーションを。
また、「こんにちは」「バイバイ」「ちょうだい」「はいどうぞ」などの身振りを取り入れたやりとり遊びも楽しみましょう。赤ちゃんが大人の言葉をまねて声を出したら、返事をしてあげて。赤ちゃんもやりとりが楽しくなります。
行動範囲が広がって、はいはいや伝い歩きで動きまわる赤ちゃんに、ママやパパも疲れがたまりがちに。そんなときは静かに絵本の読み聞かせを楽しんみるのも◎。このころの赤ちゃんにおすすめの絵本は、赤ちゃんが見慣れたものや日常生活を描いたもの、音の響きやリズムが楽しいものです。寝る前のほんのひととき、楽しい絵本タイムを習慣にするのもいいですね。

おむつをパンツ型に替えても

つかまり立ちが上手になり伝い歩きを始めるこの時期は、おむつを替える間もじっとしていなくて大変。つかまり立ちが上手になったら、パンツ型紙おむつに切り替えてもよいでしょう。赤ちゃんが立ったままで替えられるパンツ型が楽になります。ただ、うんちがゆるい場合はテープ型の方が替えやすいようです。時間帯やうんちの状態で使い分けてもいいですね。

暑い夏はエアコンを上手に使って

梅雨があけると、暑い夏です。エアコンを上手に使って暑さを乗りきりましょう。外気との温度差は5度以内くらいが設定温度の目安です。冷たい空気は下に流れるので、大人のいる場所よりも、赤ちゃんがいる場所の方が冷えていることがあるので要注意。また、エアコンの風が赤ちゃんに直接当たらないように気をつけましょう。
外は暑さが厳しくても、室内は冷房がきいていることが多いことも。外出するときは薄手のはおりものを持っていくと便利です。帽子も忘れずに。

いかがでしたか?はいはいや伝い歩きで行動範囲が広がるこの時期。目が離せず大変なことも多いですが、ママ・パパのまねっこをしたり、かわいいしぐさを見せてくれる赤ちゃんとの日々を楽しんでくださいね。(文:たまひよONLINE編集部)
『9月生まれの赤ちゃんガイド』(ベネッセコーポレーション刊)より抜粋

※この記事は「たまひよONLINE」で過去に公開されたものです。

子育て・育児

更新

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  •  

新着記事

新着記事をもっと見る