1. トップ
  2. 赤ちゃんの子育て・育児
  3. 子連れで楽しもう! 6月26日は露天風呂の日

子連れで楽しもう! 6月26日は露天風呂の日

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


町おこし事業として温泉を無料開放!

岡山県・湯原温泉の若者達のアイデアによる町づくり事業として、昭和62年に始められた露天風呂の日。「6(ろ)・(てん)26(ふろ)」の語呂合わせで6月26日になりました。
今では、湯原温泉に限らず、全国の温泉郷でも温泉無料開放や旅館や飲食店でもさまざまなサービスが行われています。
今から日帰りでも、無料サービスをしている温泉へGO!

ベビーウエルカムの宿ならママもゆっくり楽しめそう

日々の育児でお疲れのママには、ゆっくり温泉につかって、上げ膳据え膳の温泉旅行が何よりのご褒美。おまけにマッサージもできたら、もう極楽、極楽。
でも、赤ちゃん連れでの温泉旅行は大変?
『ウィメンズパーク』のママたちからも
「何カ月から大丈夫?」
「赤ちゃん連れなんてやっぱり大変ですよね?」
といった質問が寄せられています。

温泉は、基本的に生後1カ月はベビーバスでの沐浴の時期なのでNG。ママたちの意見では、おすわりができはじめる「5カ月くらいからなら楽しめたよ」という意見が多いようです。
ただ、温泉によっては、酸性泉のような大人でもピリピリと感じるようなお湯や、臭いのキツイ硫黄泉は不向き。
湯温も高過ぎると赤ちゃんはグズグズになってしまいます。
『ウィメンズパーク』には、

「温泉の泉質が強すぎると赤ちゃんに負担になるので、温泉以外のお湯でベビーバスなどに入れると安心」
「貸し切り風呂なら、ギャン泣きされても迷惑になりませんよ」


という声も。
最近は浴室にベビーバスやチェアがあったり、オムツが取れてなくても入浴OK、部屋に調乳ポット完備など、至れり尽くせりのウエルカムベビーの宿もあるのでチェックしてみては?
(文・井上裕紀子)

※この記事は「たまひよONLINE」で過去に公開されたものです。

■おすすめ記事
気分転換の旅行が疲労困憊にならないために 1歳児同伴旅行でのマナー

子育て・育児

更新

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  •  

新着記事

新着記事をもっと見る