SHOP

たまひよ会員

  1. トップ
  2. 赤ちゃん・育児
  3. 「私から言わせればただのゴミ」まったく片付かないわが家にイライラ… 家族を説得するには【専門家に聞く】

「私から言わせればただのゴミ」まったく片付かないわが家にイライラ… 家族を説得するには【専門家に聞く】

更新

強迫的な買いだめ障害の概念 - 部屋に座っているものの山を持つ男の買いだめ
ronstik/gettyimages

今回のテーマは、モノの捨て方についてです。家の中にたまりがちになる物・モノ・もの。でも、ひと言で不用品といっても、家族間でその認識が違うとトラブルになることも。口コミサイト「ウィメンズパーク」からママの悩みの声を紹介するとともに、男性の育児やワークライフバランスにくわしい大阪教育大学教育学部教員養成課程家政教育講座教授でファザーリングジャパン顧問の小崎恭弘さんにアドバイスをいただきました。

家の中をスッキリさせたいのに、夫や子どものモノがたくさん

――まずは、あるママの悩みから紹介します。

■ 捨てたいのに「もったいない」「とっておきたい」と毎回押し問答
「私は、今年使ってないモノや子どもの通っていた幼稚園時代のモノなどは処分したい派です。そして、雑誌で見るようなスッキリした家にしたい。
でも、夫と13歳、10歳の子ども2人からは『もったいない』『とっておきたい』と毎回反対され、私から言わせれば、ただのゴミをなかなか処分させてもらえません。私だけが不満を飲み込めばいいのでしょうが、やはり、片付けてスッキリしたい気持ちがおさまりません。そして、家中にある、おもちゃや不用品の数々にイライラが止まりません…」

こんな悩みに様々なアドバイスが寄せられました。

■ 私は使わないモノはどんどん捨てちゃっています
「黙って捨てちゃえ~。幼稚園時代のモノなどは、どちらかと言えば、お子さんは捨てたいけど、お母さんが思い出にとっておきたいということが多いと思っていましたが、逆なんですね。写真に撮って捨てるのはいかがでしょうか。私は使わないモノは、どんどん捨てちゃうタイプなので、スッキリさせたい方の気持ち、わかります」

■ スペースを決めて、そこに入らないモノは捨てることにしては?
「スペースを決めるのはどうですか?
子ども部屋があればいいですが、なかったらリビングの一角に、おもちゃをしまったり、作品を飾ったりできるスペースを設けて、『ここにしまってね』って。そして、そこに入りきらなくなったら、どれかを処分するんです。雑誌で見るような家にはならないかもしれませんが、それは、もうちょっとお子さんが大きくなってからの楽しみに取っておいて。うちは夫がこのタイプで、新たに買ったら古いモノを捨てています」

■ 基本は自分で片付けだけど、勝手に捨てるのはなしだと思う
「子どもであっても、所有物を勝手に捨てるのはダメだと思います。
私が子どもの頃、勝手に捨てられてブチ切れたことがあります。うちは場所と量を制限しています。壁に何かを貼りたいのなら模造紙に貼れる分だけ。作品を残したいならファイルに入る量だけ、ボックスに入る大きさだけ、と。1つ買ったら、1つ捨てる。子どもであっても一人の人間の所有物です。『ここは自由に』と言った場所に関しては何も言わないようにしています」

■ モノを増やすようなら、ところてん式で何かを捨てる
「箱を用意して、『この箱に入る分にしてね』と子どもには言っています。ところてん式で入れたら出すんです。
13歳、10歳の子どもには『友だちからカビ臭いって言われても知らないわよ』とか言うと、効くのではないでしょうか。色気が出てくる年頃なんで、臭いはダメージです。かく言う私の夫も捨てない男です。聞けば、『想い出話』から始まるのでスルーです。数年前に18歳の時のコートを捨てました。『私の咳が止まらないのは貴方のコートのせいだわ』で一喝でした」

■ 私は徐々に間引いてます
「私も子どものモノは捨ててますよ。
聞くと『ダメ』と言われるので、捨てたいモノはまず隠しておきます。そして、2週間ほど何も言われなかったら捨てています。もし、それ以降に思い出したとしても『きちんと片づけなかったんじゃない? ママは知らないよ』で終わらせます。うちで腹が立つのは、私がせっせとモノを捨てて作ったスペースに、夫がモノを置くことです。なので結局、モノの総量が減らないんですよね…」


■ 不用品の片付けに40万円。やるなら今!
「実家の片付けで業者に頼み、1軒分の不用品で40万円かかりました。それでも、うちはかなり捨てていた方で、安く済んだと言われました。
溜め込むことは将来の負債です。お子さんたち、きっとそれを片付けることなく自立しますよ。ご主人もそれを片付けることなく、先立つかもしれません。今のモノをいつか全部処分させられる日が絶対に来ます。とにかく躊躇してたらダメです。ため込んだら、誰が将来数十万のお金を払って処分してくれるのか。捨てないのなら、将来の処理費として、毎月一定額徴収してもいいくらいだと思っています」

一見ゴミに見えても、人によっては宝物な場合も

自分のモノを捨てるだけでも労力がいるけれど、それが家族みんなのものもとなると、かなりの負担だし、頭を悩ませますよね。
良い解決策がないか、子育て家庭の支援をしている大阪教育大学教授の小崎恭弘さんにアドバイスいただきました。

「モノの捨て方はとても難しいですね。なぜならその『モノ』に対する、意識や思い出、執着心が人によって全く違うからです。
私はもともと保育士ですが、子どもたちも同じですね。親から見れば、ゴミ同然のたくさんのモノを大切にしています。よくわからないネジやヘビの抜け殻、どんぐりとカタツムリの殻。長男は25 歳ですが、部屋のどこかに、いまだにしまっています。

なぜ、こんなことになるのでしょうか。最初のママのコメントにヒントがあります。

『私から言わせればただのゴミ』。

この部分ですね。
ママから見れば『ゴミ』なんです。しかしパパや子どもから見れば、それは決してゴミではない。もっというと『捨てるにはあまりに惜しい素敵なモノ』なのです。多分、信じられないと思いますが。

突然ですが『ダンゴムシ』は好きですか? 
あの公園の隅のジメジメしたところにいる、足のうじゃうじゃしているヤツです。あまり好きなママは少ないかもしれません。
しかし、3歳児は1日中それに真剣になり、あれを何匹も何匹も集め続けます。恐ろしい集中力です。
ママから見ると、もしかすると気持ち悪いモノかもしれませんが、子どもたちには多分、光り輝いて、宝物のように見えているのだと思います。

つまり同じモノでも、それは人により見え方が違うということを理解してほしいのです。
他人から見れば単なる1枚の紙切れでも、人生で初めてもらったラブレターは、その人にとっては特別な意味があると思います。
部屋にあるモノなど、それぞれの見え方のすり合わせをしていく必要があると思います。単なる『モノ』という認識では、お互いにすれ違いが起こります。パパや子どもにとって、この『ゴミ』はどのように見えているのか? そこを確認しましょう。

そして、その上で『我が家のルール』を決めて行ってほしいです。
夫婦や家族は、もともと何もルールがない中で生活をしてきて、なんとなく、いろいろな約束やルールができてきます。

『捨てる・捨てない』の基準などは、その端的なモノです。
誰かの『もったいない』という思いや価値観も、生活の中で作られたモノです。その生活の中でできたモノは、基本的に変更が可能です。日々の生活の中の暗黙の了解や約束は、それらがなぜだか当たり前のように前提となりがちです。
しかし、決してそうではないのです。それらのルールを作り出した本人たちにおいて、変更もできるはずです。そのことを話し合いましょう。そしてルールを少しずつ柔らかくしていき、変更していきましょう。

家族は、変化していくものです。それに合わせてモノの片付け方・捨て方なども、新しく変化していける関係性や、話し合う文化が大切だと思います。
お互いが気持ちよく過ごすために、柔らかな文化作り出しましょう」

(お話/小崎恭弘さん)

子どもが真剣な眼差しで集めるダンゴムシ、ママから見れば、また~って言いたくなることも多々ありますが子どもにとっては宝物なんですよね。捨て方よりも、家族間のすり合わせが大事なんですね。ルール作りやルールの柔軟な変更の大切さがよくわかりました。
(取材/文・橋本真理子)

※文中のコメントは「ウィメンズパーク」(2022年1月末まで)の投稿を再編集したものです。
※記事の内容は記事執筆当時の情報であり、現在と異なる場合があります。

小崎恭弘さん

PROFILE
大阪教育大学教育学部教員養成課程家政教育講座教授。専門は「保育学」「児童福祉」「子育て支援」「父親支援」。ファザーリングジャパン顧問。兵庫県西宮市初の男性保育士として施設・保育所に12年勤務。3人の男の子それぞれに育児休暇を取得。それらの体験をから「父親の育児支援」研究を始め、テレビ・ラジオ・新聞・雑誌等にて、父親の育児、ワークライフバランス、子育て支援、保育研修等で、講演会等を行うように。著書に『育児父さんの成長日誌』(朝日新聞社)、『パパぢから検定』(小学館)など。

あなたの子育てエピソードを大募集!

自分自身のこと、子育てでよかったこと、ママ友との関係、家族やパートナーに対する感謝や不満など大きな声では言うほどではないけど、ちょっと誰かに言いたい育児にまつわるさまざなエピソードを募集します。
お寄せいただいた声はたまひよの記事として公開される予定です(すべての投稿が掲載されるわけではございません。予めご了承ください)。

※投稿規約を必ずお読みの上、ご記入ください。

子育てエピソードを投稿する

■おすすめ記事
たまにはラクさせて~!ズボラ選手権

赤ちゃん・育児の人気記事ランキング

関連記事

赤ちゃん・育児の人気テーマ

新着記事

ABJマーク 11091000

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 第11091000号)です。 ABJマークの詳細、ABJマークを掲示しているサービスの一覧はこちら→ https://aebs.or.jp/

本サイトに掲載されている記事・写真・イラスト等のコンテンツの無断転載を禁じます。