SHOP

たまひよ会員

  1. トップ
  2. 赤ちゃん・育児
  3. 赤ちゃん連れの渋滞、どう乗り切る?教えて先輩ママ!

赤ちゃん連れの渋滞、どう乗り切る?教えて先輩ママ!

更新

zer05/gettyimages
※写真はイメージです
zer05/gettyimages

●5月26日は「東名高速道路全通記念日」

東京から愛知県小牧市を結ぶ東名高速道路が開通し、先に開通した日本初の高速道路・名神自動車道と接続したことで、東京~西宮間の536キロが高速道路で結ばれました。
車での移動がスムーズになり、流通はもちろん、私たちのお出かけのエリアもぐっと広がりました。

帰省渋滞、どう乗り切る? 教えて先輩ママ!

今では日本全国に延びている高速道路。便利になったけれど、頭を悩ますのが渋滞。連休や帰省シーズンになると渋滞40km~50kmなんてことも!
赤ちゃんとのお出かけで渋滞にはまると、チャイルドシートで自由に動けない赤ちゃんはグズグズ、高速道路だと次のサービスエリアに着くまで抱っこできず1時間泣きっぱなし、なんて話も。おむつがはずれた上の子のトイレもどうしたらいいものか……。
荷物の多い赤ちゃんとの移動には車が便利だけれど「渋滞を考えると電車で」というママも多いようですね。

口コミサイト『ウィメンズパーク』でも、“車移動の困った”が話題になっています。
帰省渋滞経験者のママたちのアドバイスでは…

「母乳でもミルクセットの準備を。お腹が膨れれば割と寝てくれるものです」
「おやつでグズグズは一発で解消」

という「食べる系」。                                         

「真新しいおもちゃを」
「ダウンロードした動画やアプリは効果的」

といった「遊び系」。

「赤ちゃんスペースがあるようなショッピングモールとかで、ハイハイを1時間くらいさせてから乗れば爆睡!」
「夜中の移動だと朝までずっと寝てくれます」

という「ねんね系」などで乗り切っているようです。

そして、最後にいちばん適格なママのコメントを見つけました。

「慣れる必要があるのは赤ちゃんじゃなくて運転手です。赤ちゃんが泣き叫ぶ中、冷静に運転しないといけないので」。

赤ちゃんが泣いても、慌てず、安全運転で、楽しい家族の思い出を作ってくださいね。
(文・井上裕紀子)

■文中のコメントはすべて、『ウィメンズパーク』(2022年1月末まで)の投稿からの抜粋です。
※この記事は「たまひよONLINE」で過去に公開されたものです。
※記事の内容は記事執筆当時の情報であり、現在と異なる場合があります。

■おすすめ記事
【専門家監修】お金の専門家がアドバイス! 消費税アップ目前、値上げに負けない家計管理術

赤ちゃん・育児の人気記事ランキング

関連記事

赤ちゃん・育児の人気テーマ

新着記事

ABJマーク 11091000

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 第11091000号)です。 ABJマークの詳細、ABJマークを掲示しているサービスの一覧はこちら→ https://aebs.or.jp/

本サイトに掲載されている記事・写真・イラスト等のコンテンツの無断転載を禁じます。