SHOP

たまひよ会員

  1. トップ
  2. 赤ちゃん・育児
  3. 赤ちゃんのお世話
  4. ロンパースを卒業して“かぶるタイプ”の肌着&ウエアの着替えさせ方 3つのポイント【保健師監修】

ロンパースを卒業して“かぶるタイプ”の肌着&ウエアの着替えさせ方 3つのポイント【保健師監修】

更新

前開きから、かぶるタイプにしたり、上下がつながっているカバーオールタイプから、上下別々のセパレートタイプにしたり、赤ちゃんの発達に合わせて着せる肌着やウエアは変化していきます。肌着とウエア、それぞれかぶるタイプに変更したあとの“着替えさせ方のポイント”を保健師の中村真奈美先生に聞きました。

かぶるタイプの肌着&ウエアへの切り替え時期の目安はいつ?

ひよこクラブ編集部が2021年の年末に実施したアンケート(※)で、実際、子どもが何カ月のころに、かぶるタイプの肌着やウエアに変更しているのかを調査しました。

※この企画内のデータは、0カ月~1才11カ月の赤ちゃん持つ、たまひよモニター会員202人のアンケート結果をまとめたものです(2021年12月実施)

肌着を前開きからかぶるタイプに変更した月齢は?

アンケートの結果を見ると、かぶるタイプの肌着に変更したタイミングでいちばん多かったのが、6カ月のときで30.2%。次いで3カ月のときの24.5%でした。

「肌着は、ねんねの体勢から体を起こしたときに、体に首がしっかりついてくる、5~6カ月ごろからかぶるタイプに変えると、着替えさせるのが断然ラクです。1才ごろまでは、おなかが出てしまわないように、ボディ肌着でもOK。ただし、遅くても1才ごろにはTシャツタイプに変更するようにしましょう」(中村先生)

ウエアをカバーオールタイプからかぶるタイプに変更した月齢は?

ウエアをかぶるタイプに変更するタイミングは、肌着よりも少し早く、3カ月で14%、もっとも多い月齢が5カ月の22%でした。

「赤ちゃんの動きが活発になる7~8カ月ごろが変更する目安になります。ただし、寝返りの回数が増えたり、寝返りのときの体をねじる動きで服が引っ張られてきつそうだったりしたら、カバーオールタイプから上下が分かれたウエアに変更しましょう」(中村先生)

肌着もウエアも、かぶるタイプへの変更のタイミングはあくまでも目安です。少し早めに切り替えても問題はありませんが、着替えさせにくかったり、赤ちゃんの体に負担がかかってしまうことも。そこで、着替えさせるときのポイントを3つ紹介します。

【ポイント1】かぶせる時間を最短にするためにウエアはドーナツ状に

ウエアをかぶせるときに目の前が暗くなることが、苦手な子も多いです。そのため、服をたぐり、首の部分を中心にドーナツ状にしてからかぶせることで、暗くなる時間を一瞬にしてあげて対策をしましょう。

「お着替え=楽しいこと」という印象づけのためにも、一瞬暗くなるときに「いないいないばあ」の遊びを取り入れたりして、着替えさせるのもおすすめです。スムーズに着替えができるように、楽しい雰囲気を演出しましょう。

【ポイント2】腕を通すときは腕を曲げて、胸の前で「W」の形に

ママ・パパが着替えのときに、もたつくことが多いのが“腕通し”です。とくに長袖のトップスを着せるときに苦労するママ・パパが多いようです。

腕を袖に通しやすくするためには、ひじを曲げて胸の前で「W」の形になるように腕を曲げます。しっかりわきをしめておくことで、袖に腕が通りやすくなります。
しっかりわきをしめた状態から袖に腕を通して、袖をたぐるように通していきます。袖が通りにくい場合は、袖をたぐり、迎え袖にすると通しやすいです。片腕ずつ通す方法が簡単です。

【ポイント3】かぶるタイプの肌着は足側から着せると、ねんねのときはラク

かぶせるタイプの肌着は、首すわりがしっかりしてからがベストですが、ねんねのままでも首に負担をかけずに、簡単に着替えさせることができます。その方法が、足側から着せる方法。

肌着の肩にスナップがついている場合ははずし、首の部分から足を入れて持ち上げていきます。赤ちゃん用の肌着はよく伸びる素材のことが多いので、おむつがあるヒップからウエスト部分も、ラクラク通すことができます。持ち上げていくときに、その流れで腕を入れられるので、“腕通し”のストレスもありません。

また、股部分のスナップをつけたままにしておけば、ズボンをはかせる要領で着せられ、暴れる足を押さえながらスナップをつける手間も省けます。ベストな方法を見つけてみてください。

監修/中村真奈美先生 写真/アベユキヘ スタイリング/梶本美代子 衣装協力/キャットプリントTシャツ・ジェラート ピケ 取材・文/ひよこクラブ編集部

かぶせるタイプの肌着・ウエアの着替えさせ方のポイントは、参考になりましたか? 中村先生は「どんな肌着やウエアでも、ママ・パパが着替えさせやすいことが重要。着替えの時間が赤ちゃんにとっても、ママ・パパにとっても、楽しい時間になるように、肌着・ウエアのタイプを選んであげてください」と話しています。


参考/『中期のひよこクラブ』2022年春号「何を何枚どう着せる? 赤ちゃんの肌着&ウエア」

※掲載している情報は2022年4月現在のものです。


『中期のひよこクラブ』2022年春号には、4カ月~7カ月ごろの赤ちゃんの春と初夏の着せ方のお役立ち情報をまとめた「何を何枚どう着せる? 赤ちゃんの肌着&ウエア」特集があります。

中期のひよこクラブ 2022年春号

たまひよSHOPで見る

■おすすめ記事
そのおもちゃ、大丈夫? 知っておきたい安全・安心なおもちゃの選び方

赤ちゃん・育児の人気記事ランキング

関連記事

赤ちゃん・育児の人気テーマ

新着記事

ABJマーク 11091000

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 第11091000号)です。 ABJマークの詳細、ABJマークを掲示しているサービスの一覧はこちら→ https://aebs.or.jp/

本サイトに掲載されている記事・写真・イラスト等のコンテンツの無断転載を禁じます。