SHOP

たまひよ会員

  1. トップ
  2. 赤ちゃん・育児
  3. 赤ちゃんのお世話
  4. 「生まれてきてほしくなかった」お兄ちゃんのひと言に戸惑うも…きょうだい育児が始まったファミリーの4カ月間密着取材【体験談】

「生まれてきてほしくなかった」お兄ちゃんのひと言に戸惑うも…きょうだい育児が始まったファミリーの4カ月間密着取材【体験談】

更新

赤ちゃんが生まれると、わが子を迎えた大きな喜びとともに、妊娠中に予習したことと現実のギャップに戸惑い、不安でいっぱいになることもあるのではないでしょうか。でも、そんな状況は“期間限定”。今だけ、のことなのかもしれません。赤ちゃんを迎えた家族の生活がどのように変わっていくのか、産後の4カ月間を追いかけました。

田口さん夫婦は、上の子が8才で、産後すぐからきょうだい育児をスタートさせます。上の子の気持ちを大事に、寄り添いながら、久しぶりの赤ちゃんのお世話に奮闘する家族の、4カ月間をリポートします。

里帰りせず、退院の日からきょうだい2人の育児がスタート。2人目だけど、パパは初めてのことがいっぱいで…

晴菜さん(36才)は専業主婦で、在宅で映像関係の仕事をしている夫の雅文さん(38才)と、小学2年生の息子の未到(みとう)くんと娘の楓夏(ふうか)ちゃんとの4人家族。雅文さんは仕事の量が多いときには、昼夜を通して仕事をすることが多いです。そのため上の子のときは、生後3カ月まで里帰りしました。2人目の今回は里帰りせず、退院後から自宅で2人の子育てをスタート。新生児期からのわが子の成長を見守るのは、パパにとって初めての経験でした。

赤ちゃんのお世話以上に、お兄ちゃんのケアを大事に

――産後すぐ~4カ月間でいちばん大変だったことは、どんなことですか?

「出産前後の気がかりは、上の子のことが圧倒的でした。彼にとっては、赤ちゃんのいる生活を受け入れるのに、少し時間が必要だったようです。今までの彼のペースやルーティンをなるべく崩さないように、彼とかかわる時間をつくるように、と心がけました」(晴菜さん)

【産後0~1カ月】“生まれてきてほしくなかった”お兄ちゃんのひと言に戸惑う…

「退院して間もなくのころ、上の子から“赤ちゃんが泣くと責められている気がする”と言われ…。小さな妹が泣いていると、いたたまれない気持ちになるようで、妹との間に距離を置いていました。でも時がたつうちに、妹のいる生活に自然に慣れていったようです。沐浴を手伝ってくれたりして、とっても助かりました」(晴菜さん)

【産後1~2カ月】お兄ちゃんは学校から帰宅後、すぐに妹のところへ行くように

「産後1カ月も過ぎると、わが家に赤ちゃんがいることがごく当たり前な感じになりました。娘は日中起きている時間が増え、パパは仕事の合間にコミュニケーション。お兄ちゃんは学校から帰ると、すぐ妹のところに行き、絵本を読んだり、ママと3人で近所をお散歩したり。妹を思いやる場面が増えてきて、親としてもうれしかった!」(晴菜さん)

【産後2~3カ月】表情が豊かになってきた妹。あやす方法をいろいろ考える兄

「お兄ちゃんは、自分のことをじーっと見てはニコニコと笑う妹のことが、ますます好きになってきた様子!娘の初めての予防接種では、一度に4本も注射を打つと知って、妹のことが心配でたまらず、学校にいる間もずっと注射のことが気になっていたようです。

パパは、これまで夜中に仕事、夕方起きて沐浴を手伝ってくれていましたが、産後2カ月のときに、初めて娘とおふろに入りました。また、在宅での仕事の休憩時間に、娘のところに行っておしゃべりをするように。少しずつ笑うようになった娘とのコミュニケーションは、最高の癒やし、になっているそうです」(晴菜さん)

【産後3~4カ月】お兄ちゃんがおむつ替え!妹のお世話を手伝ってくれる

「家族みんなが赤ちゃんのいる生活に慣れて、娘が声を出して笑うとみんなも笑顔に。息子が夜中に高熱を出したときは、夫が病院へ連れて行ってくれるなど、家族がお互いを思いやり、自分ができることをする、という形が自然にできてきました」(晴菜さん)

産後4カ月間で、互いを補い合う“チーム”のような関係に!

――2人目が生まれてから、夫婦関係に変化はありましたか?

「夫は仕事、私は家事・育児がわが家の基本。でも2人目が生まれ、家で仕事をしている夫に“少しくらい手伝ってくれても…”とモヤモヤすることも。その気持ちを打ち明けると“そういうときは具体的に言って”と。それからは、助けてほしいときはきちんと言葉で伝え、互いを補い合うチームワークができてきたと思います」(晴菜さん)


取材・文/四辻深雪、ひよこクラブ編集部

今回紹介した、田口さんファミリーの産後4カ月間の変化は、いかがでしたか。家族によって状況はいろいろ違うけれど、産後すぐは、さまざまな大変さ、不安を抱えるママ・パパが多いと思います。でも、田口さんもそうだったように、この状況は“期間限定”ということがわかって、少し心が軽くなったのではないでしょうか。


参考/『初めてのひよこクラブ』2022年春号「3組の家族を追っかけ!ママ&パパの生活はどう変わる!?産後すぐ~4カ月間STORY」

※掲載している情報は2022年4月現在のものです。


『初めてのひよこクラブ』2022年春号には「3組の家族を追っかけ!ママ&パパの生活はどう変わる!?産後すぐ~4カ月間STORY」特集があります。

初めてのひよこクラブ 2022年春号

たまひよSHOPで見る

■おすすめ記事
0~5カ月、新米ママ&ベビーの「うまくいかない」授乳の悩みはこう解決

赤ちゃん・育児の人気記事ランキング

関連記事

赤ちゃん・育児の人気テーマ

新着記事

ABJマーク 11091000

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 第11091000号)です。 ABJマークの詳細、ABJマークを掲示しているサービスの一覧はこちら→ https://aebs.or.jp/

本サイトに掲載されている記事・写真・イラスト等のコンテンツの無断転載を禁じます。