SHOP

たまひよ会員

  1. トップ
  2. 赤ちゃん・育児
  3. 赤ちゃんのお世話
  4. 寝かしつけ
  5. 赤ちゃんの睡眠リズム、脳や体の成長に深いかかわりが!睡眠リズムを整えるポイント5【発達脳科学の専門家】

赤ちゃんの睡眠リズム、脳や体の成長に深いかかわりが!睡眠リズムを整えるポイント5【発達脳科学の専門家】

更新

赤ちゃんが4カ月ごろになると、日中に起きている時間が増え、夜の睡眠も少しまとまってきます。でも、睡眠リズムが毎日バラバラだと、赤ちゃんの脳や体の発達を妨げることも心配されます。小児科専門医の成田奈緒子先生に、睡眠リズムの大切さを聞きました。

睡眠リズムが整わないと、悪影響も

赤ちゃんにとって、睡眠はすこやかな成長をサポートするために、とても大切なものです。睡眠リズムが整わないと、赤ちゃんの体や脳・心など、発達全体に悪影響を及ぼすこともあります。

睡眠リズムに原因があるかも⁉なトラブル

毎日の就寝・起床時間がバラバラだったり、寝かしつけ方法がいつも違っていると、なかなか睡眠リズムが整いません。
赤ちゃんの様子で気になっていること、たとえば、

・寝つきが悪い
・グズグズしやすい
・朝、なかなか起きない
・離乳食を食べる量が少ない

これらの様子がある場合は、睡眠リズムが原因かもしれません。以下のことを見直してみましょう。

睡眠リズムを整えるポイント5

睡眠リズムを整えるための主なポイントは次の5つです。

1 まずは、毎朝同じ時間に必ず起こす、「早起き」からスタート。赤ちゃんの好きな音楽などをかけるとgood。

2 朝は、朝日を浴びさせる

3 日中は、お散歩や室内遊びで刺激をプラスする

4 夜は、暗めで静かな環境の中で寝かしつける

5 就寝時間はできるだけ同じ時間にし、寝かしつけ方法をルーティン化する

とくに大切なことは、“早起き・早寝”。最初は、ママ・パパはちょっと大変かもしれませんが、まずは1週間試してみましょう。うまくいかなくても、根気よく続けることで睡眠リズムは整っていきます。

監修/成田 奈緒子先生 イラスト/村澤綾香 文/ひよこクラブ編集部

睡眠リズムは、睡眠そのものだけではなく、生活全体のリズムを整えることといえます。リズムが整えば、赤ちゃんだけではなく、ママ・パパにも、睡眠の質が上ったり、ストレスが少なくなったりするなどのメリットも。
頑張り過ぎずに、できることから取り入れてみてくださいね。


参考/『中期のひよこクラブ』2022年春号「睡眠リズムが赤ちゃんの将来に影響するって本当⁉」

※掲載している情報は2022年4月現在のものです。



『中期ひよこクラブ』2022年春号「睡眠リズムが赤ちゃんの将来に影響するって本当⁉」企画では、睡眠リズムの整え方を、月齢ごとに詳しく紹介しています。

中期のひよこクラブ 2022年春号

たまひよSHOPで見る

■おすすめ記事
理解できる言葉がドンドン増えている1・2歳ごろこそ、考える力の伸ばしどき!

赤ちゃん・育児の人気記事ランキング

関連記事

赤ちゃん・育児の人気テーマ

新着記事

ABJマーク 11091000

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 第11091000号)です。 ABJマークの詳細、ABJマークを掲示しているサービスの一覧はこちら→ https://aebs.or.jp/

本サイトに掲載されている記事・写真・イラスト等のコンテンツの無断転載を禁じます。