SHOP

たまひよ会員

  1. トップ
  2. 赤ちゃん・育児
  3. 子連れ温泉旅行に行きたい!先輩ママの体験談

子連れ温泉旅行に行きたい!先輩ママの体験談

更新

undercrimson/gettyimages
※写真はイメージです
undercrimson/gettyimages

●6月26日は、「露天風呂の日」。

岡山県・湯原温泉の若者達のアイデアによる町づくり事業として、昭和62年に始められた露天風呂の日。「6(ろ)・(てん)26(ふろ)」の語呂合わせで6月26日になりました。
今では、湯原温泉に限らず、全国の温泉郷でも温泉無料開放や旅館や飲食店でもさまざまなサービスが行われています。
今から日帰りでも、無料サービスをしている温泉へGO!

ベビーウエルカムの宿ならママもゆっくり楽しめそう

日々の育児でお疲れのママには、ゆっくり温泉につかって、上げ膳据え膳の温泉旅行が何よりのご褒美。おまけにマッサージもできたら、もう極楽、極楽。でも、赤ちゃん連れでの温泉旅行は大変?
口コミサイト『ウィメンズパーク』のママたちからも、
「何カ月から大丈夫?」
「赤ちゃん連れなんてやっぱり大変ですよね?」

といった質問が寄せられています。

温泉は、基本的に生後1カ月はベビーバスでの沐浴の時期なのでNG。ママたちの意見では、おすわりができはじめる「5カ月くらいからなら楽しめたよ」という意見が多いようです。
ただ、温泉によっては、酸性泉のような大人でもピリピリと感じるようなお湯や、臭いのキツイ硫黄泉は不向き。
湯温も高過ぎると赤ちゃんはグズグズになってしまいます。

口コミサイト『ウィメンズパーク』には、
「温泉の泉質が強すぎると赤ちゃんに負担になるので、温泉以外のお湯でベビーバスなどに入れると安心」
「貸し切り風呂なら、ギャン泣きされても迷惑になりませんよ」

という声も。

最近は浴室にベビーバスやチェアがあったり、オムツが取れてなくても入浴OK、部屋に調乳ポット完備など、至れり尽くせりのウエルカムベビーの宿もあるのでチェックしてみては?
(文・井上裕紀子)

■文中のコメントはすべて、『ウィメンズパーク』(2022年1月末まで)の投稿からの抜粋です。
※この記事は「たまひよONLINE」で過去に公開されたものです。
※記事の内容は記事執筆当時の情報であり、現在と異なる場合があります。

■おすすめ記事
【専門家監修】お金の専門家がアドバイス! 消費税アップ目前、値上げに負けない家計管理術

赤ちゃん・育児の人気記事ランキング

関連記事

赤ちゃん・育児の人気テーマ

新着記事

ABJマーク 11091000

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 第11091000号)です。 ABJマークの詳細、ABJマークを掲示しているサービスの一覧はこちら→ https://aebs.or.jp/

本サイトに掲載されている記事・写真・イラスト等のコンテンツの無断転載を禁じます。