SHOP

たまひよ会員

  1. トップ
  2. 赤ちゃん・育児
  3. 赤ちゃんのお世話
  4. たまひよ成長日記[1才2カ月と14日ごろ]田中悠絃くんの成長の様子/お世話編

たまひよ成長日記[1才2カ月と14日ごろ]田中悠絃くんの成長の様子/お世話編

更新

2才までの赤ちゃんの成長や生活の様子を毎月リポート。3回目となる家族旅行でも悠絃(ゆづる)くんの成長を感じたというママとパパ。1才2カ月を迎えての日々のお世話の様子も紹介してもらいました。

田中悠絃くん&宏美さん&翼さん

ママは現在育休中。会社員のパパは、在宅勤務が中心になっていて、平日の育児も分担しています。鳴子踊りと旅行が夫婦共通の趣味です。

体力がついてきたのでお昼寝は1回に。大人のまねっこブームです

だんだん体力がついてきたのか、お昼寝を2回させると夜なかなか寝ないことが増え、お昼寝は1日1回に。日によっては午前中眠くなってグズグズすることもありますが、20時には就寝できるようになりました。パパや私の靴をはこうとしたり、カチューシャを頭につけようとしたり、大人がやることをなんでもまねします。1回やっただけのことも覚えているので、しっかり見ているんだなあと感心します。

音楽を流して、外国語と自然に触れ合う経験を

英語の童謡の聞き流しを始めてみました。自然に英語に親しめるかな? 私の好きなK-POPやオーケストラ演奏を一緒に聴くことも。

家族での旅行もますます楽しめそう!

感染対策をしながら家族旅行へ。1才を過ぎたことで、ホテルのバイキングからの取り分けでも息子が食べられるものが増えたことに気づいて、旅行好きの私としてはうれしい限りです。

昼寝が減ったことで、家事時間も見直し

お昼寝が午後の1回になったことで、以前は午前中の昼寝タイムにやっていた昼食の準備時間がなくなってしまいました! 前日の夜、寝かしつけたあとに翌日の昼食の下ごしらえを済ませるスタイルに変更。

悠絃くん1才2カ月 ある1日の様子(&ママ・パパの様子)

[小児科医・若江先生教えて!]

ママ・パパが最近気になっている「室内遊び・声かけ」の気がかり・疑問について先生に聞きました。

Q 危ないことをしているときの声のかけかたは?

Q危ないことをしているのを見つけたときには、どんな声かけをしたらいいのでしょうか?

A まずは、危ないことをしないよう先回りするのが重要!

赤ちゃんは危険を察知する能力がなく、大人に守られないと生きていけません。転落や誤飲、やけどなどは、大人の注意で防ぐことが重要。危ないことをしていたら注意をするのではなく、そもそも危ないことに合わないように、危険なものは手の届かない所に片づけるなどの先回りの対策をするのが親の務めです。親の目が届かず、危険なことをしたときは、「ダメ」と言って、抱っこをするなどで子どもの動きを止めて。そして、理解できないとしてもきちんと理由を伝えます。「そっちに行っちゃだめ。車にひかれちゃうよ。ひかれたら痛い痛いだよ!」などと、目を見て真剣に言い聞かせるようにしましょう。

監修/若江恵利子先生(小児科医・医療法人恵徳会 あさかクリニック 理事長)
まとめ/古川はる香、ひよこクラブ編集部

●内容は2022年6月現在のものです。

赤ちゃん・育児の人気記事ランキング

関連記事

赤ちゃん・育児の人気テーマ

新着記事

ABJマーク 11091000

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 第11091000号)です。 ABJマークの詳細、ABJマークを掲示しているサービスの一覧はこちら→ https://aebs.or.jp/

本サイトに掲載されている記事・写真・イラスト等のコンテンツの無断転載を禁じます。