SHOP

会員登録

  1. トップ
  2. 赤ちゃん・育児
  3. 幼稚園・保育園
  4. 保活
  5. はじめてママの不安と疑問 「<杉並区編>保育園、働き方、これからどうする?」2

はじめてママの不安と疑問 「<杉並区編>保育園、働き方、これからどうする?」2


「激戦区の保活は認可外保育施設の確保が鍵になる」

前回は、東京都全体で赤ちゃんの数が増え、共働きの割合も増えていることから保育園入園が難しくなっていることや、「待機児童のわな」についてお話ししました。

記事はこちら→

今回は激戦区で保活を成功させるコツについてご紹介します。保育施設には大きく分けて自治体が入園する子どもを決める「認可保育事業」と運営事業者が入園する子どもを決める「認可外保育施設」があります。

認可保育施設を利用する場合、まずその子どもに保育が必要であると自治体の「認定」を受けなければなりません。また、杉並区は認定された子どもすべてが保育園に入園できる状況にありませんので、より保育の必要性の高い世帯から入園を決定する「利用調整」が行われます。「利用調整」では、入園を希望する子どもの保育の必要性を「指数」で表し、その「指数」の高い子どもが保育の必要性がより高いと判断しています。

【指数のつけ方】
(1)保護者ごとに保育を必要とする事由に応じた基準指数をつけます。
(2)条件に該当する場合、調整指数(加算または減算)をつけます。
(3)基準指数と調整指数を合算し、指数を決めます。

保護者1基準指数+保護者2基準指数±調整指数=合計指数

※保護者1人につき、保育を必要とする事由が複数ある場合は、より必要度の高い主たる事由の指数のみを適用します。
※締切日までに提出された書類をもとに、入所希望月の初日時点の保育を必要とする状況で指数をつけます。

出典:杉並区発行・平成29年度 保育施設利用のご案内

例1:フルタイム会社員パパ(20点)+フルタイム会社員育休中ママ(20点)=合計40点
例2:フルタイム会社員パパ(20点)+週3日8時間勤務ママ(16点)+認可外に1年半預けた実績有(4点)=合計40点

指数のつけ方は①保護者である夫婦それぞれに保育を必要とする事由に応じた基準指数をつけます。さらに、②兄弟姉妹と同じ認可保育所を第1希望として申し込んでいるなど、条件に該当するものがある場合は調整指数(調整指数は>平成29年度 保育施設利用のご案内をご覧ください)をつけます。①と②を合算したもの(③)が最終的な指数になります。
たとえば、フルタイムで働いている夫婦の指数は夫婦ともに20で合計40(例1)。妻がパートで週3回8時間働いているという場合(例2)は、妻の指数はフルタイムの場合より低く16になります。認可外保育施設に1年半預けていた実績がある場合調整指数の4が加算されてこの場合は合計40になります。

対して、認可外保育施設は運営事業者、つまり保育園側が入園する子どもを決めることになります。杉並区の場合、皆が殺到する認可保育所は申し込み者の8割以上が40点を超えるため、希望園の入園は宝くじがあたるようなもの。確実に復職することが決まっていれば、認可外保育施設を確保しなくてはなりません。入園確約にこぎ着けるには一刻も早く直接園に電話をかけて見学をし、申し込みをすることが大切。そこで認可外保育施設の見学・申し込みの優先順位を大まかに書き出してみました。

保育の「質(手厚さ)」優先:
家庭福祉員>グループ保育室>認証保育所>認可外保育所(ベビーホテル、その他)

保育の「量(定員の多さ・入りやすさ)」優先:
認可外保育所(ベビーホテル、その他)>グループ保育室>家庭福祉員>認証保育所

質を重視するなら0才~3才未満の子どもを自宅で手厚く見てくれる家庭福祉員の制度はとてもありがたいものです。量を優先するなら認可外保育施設(ベビーホテル、その他)から見学を。皆が認証保育所から見学に行くため、認可外保育施設のほうが入園の可能性が高い状況にあります。
上述の順序で保育園の見学に行きますが、見学に行くにあたり、自分の子どもが過ごす場所として適切かどうか、譲れないポイントは何かなどを書き出しておくことをおすすめします。何十件も園を回ることになるので、混乱することもあるでしょう。そこで「保育園見学リスト」を作成し、園ごとの特徴や見学の際の雰囲気、申し込み日程などを整理するといいと思います。

「これってホント?」保活の都市伝説について

よくいわれることですが、「議員さんにお願いする」「嘆願書を書く」「生活が苦しいと泣き落とす」これらは入園決定にどの程度効果があるのかとご質問を受けます。
以前、「情報収集が決め手!保活リテラシー向上委員会 vol.1」でもお話ししましたが、都市伝説はあくまで都市伝説。先述した指数が優先なので、議員さんの口添えなどはあてにしないほうが無難です。
これまでご相談を受けたご質問をいくつかご紹介しますね。

Q1.「入園には区議会議員のコネが有利?公務員なら入園しやすい?」
A1.「区議会議員本人のお子さんも入園できない状況にある杉並区。職業も関係なく、あくまで指数優先」

Q2.「ノーメイクでボロボロの格好をして保育課に行くと入園しやすい?」
A2.「相談窓口の担当者が利用調整会議に参加するとは限らないので、服装は判断基準にならない。こみ入った相談は地区ごとの担当者に電話でもOK」

Q3. 「自営業だと会社員より不利になる?」
A3. 「杉並区では子ども同伴勤務が不利になる調整項目が排除され、同じようにフルタイム勤務の場合には同じ指数がつけられるように。しかし、最低賃金×フルタイム勤務時間の月額の売上が上がっていることの証明が必要」

Q4. 「指数を上げるために知人からの勤務証明や偽装離婚もやむなし?」
A4. 「他人の勤務証明や偽装離婚は、その後判明したときに退園となる最悪のケースもあり、その後の弟妹の入園申請にも悪影響を及ぼすため、絶対やらないように!」


曽山 恵理子
中学生の長男と保育園児の長女を育てるワーキングマザー。 激戦区杉並区の待機児童問題の解消に取り組み、保護者に保育制度をわかりやすく説明する「東京都子育て支援専門員」として認定される。 これまでキャリアカウンセラーとして2,500件以上のカウンセリング実績を持ち、女性の両立支援講座や就職セミナーの講師としても活動。 杉並区との協働事業「杉並子育てサイト」の「すぎなみ子育てラボラトリー」や、子育て支援グループ「杉並こどもプロジェクト」の代表でもあり、地域の交流イベントの企画運営を行う。 「こどもコワーキングbabyCo」(キッズスペース付シェアオフィス)を立ち上げることで【子育ても仕事も楽しめる】社会の実現を目指す。

※この記事は「たまひよコラム」で過去に公開されたものです。

■おすすめ記事
保育園と幼稚園と認定こども園、何がどう違う?

赤ちゃん・育児

更新

赤ちゃん・育児の人気記事ランキング

関連記事

赤ちゃん・育児の人気テーマ

新着記事

ABJマーク 11091000

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 第11091000号)です。 ABJマークの詳細、ABJマークを掲示しているサービスの一覧はこちら→ https://aebs.or.jp/

本サイトに掲載されている記事・写真・イラスト等のコンテンツの無断転載を禁じます。