1. トップ
  2. 子育て・育児
  3. はいはいが上手になります!【3月生まれ】赤ちゃんの12月のお世話

はいはいが上手になります!【3月生まれ】赤ちゃんの12月のお世話

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

クリスマスや、大晦日などイベントが多い12月。3月生まれの赤ちゃんは、どんな様子なのでしょう?
後追いが始まる子もいる「生後9カ月」の赤ちゃん。どんどん行動範囲が広がり目が離せなくなります。そんな赤ちゃんの12月のお世話のポイントを紹介します。

はいはいが上達!後追いする子も

はいはいができる子が多くなり、つかまり立ちする子も出てくるころです。おすわりはすっかり上手になり、体を前に傾けたり、体をよじって後ろのものを取ったりしても、バランスが取れるようになります。
また、はいはいでママの後を追い、見えなくなると泣く後追いをする子も。キッチンやバスルームまで探し回り、思わぬ事故につながることもあります。赤ちゃんにはわからないからと黙ってそばを離れるのではなく、「ママ、トイレ行くね」などとひと声かけるようにしましょう。大泣きすることがあっても、ちゃんと帰ってくることがわかるようになり、待てるようになっていきますよ。

栄養のメインは母乳やミルクから離乳食に

そろそろ栄養のメインがおっぱい・ミルクから離乳食に入れ替わります。離乳食がしっかり食べられるようになると、食後のおっぱい・ミルクの量は徐々に減っていきます。
上手にモグモグして飲み込めるようになってきたら、離乳食を1日3回にしましょう。栄養の60~70%を離乳食からとるようになります。舌でつぶせないバナナくらいのかたさのものを口の中で左右に移動させ、歯ぐきでかんで食べるのが目標です。そろそろコップで飲む練習もしましょう。最初は浅めの小さい器に少量の飲みものをいれ、ママやパパが器をゆっくり傾けてあげます。

年末年始は無理のない日程で楽しく!

年末年始、遠出をする場合は、赤ちゃんに無理のないスケジュールで。移動時のぐずり対策のおもちゃ、おむつや着替えなども多めに用意していくと安心です。はいはいや伝い歩きなど、じっとしていない時期です。普段と違う場所では、まずは周囲の安全確認をし、目を離さないようにしましょう。感染症予防のため、人混みはなるべく避けましょう。

いかがでしたか? どんどん行動範囲が広がり、目が離せなくなる「生後9カ月」の赤ちゃん。赤ちゃんは危ないことはわからないので、家の中を整理整頓して事故を予防しましょう。
(文:たまひよONLINE編集部)
※『3月生まれの赤ちゃんガイド』(ベネッセコーポレーション刊)より抜粋
3月生まれの赤ちゃんガイド

子育て・育児

更新

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  •  

新着記事

新着記事をもっと見る