SHOP

たまひよ会員

  1. トップ
  2. 赤ちゃん・育児
  3. 赤ちゃんのお世話
  4. 「うちの子のはいはい何か違う…」心配なし!赤ちゃんの「はいはい」から「あんよ」までってどんな流れで進むの?【小児科医】

「うちの子のはいはい何か違う…」心配なし!赤ちゃんの「はいはい」から「あんよ」までってどんな流れで進むの?【小児科医】

更新

1歳前後の赤ちゃんの体は、たった数カ月でめまぐるしく発達します。とくに、気になる人が多いのが、はいはいからあんよまでの流れではないでしょうか。
赤ちゃんの主な運動発達の流れについて、小児科医の黒澤照喜先生に教えてもらいました。

【8~9カ月ごろの発達キーワード】はいはい

両手・両足の協調運動によって、前後に移動することをはいはいと呼びます。赤ちゃんによって、ずりばいや高ばいをする子もいますが、これらもはいはいのスタイルのひとつと考えていいそうです。

「おなかをつけたままずりずりと進むずりばいや、おしりを高く上げた高ばいなども、すべてはいはいのバリエーションのひとつです。
両手と両ひざをついておしりを上げる、いわゆる普通のはいはいをしないことに悩むママやパパもいますが、発達的にとくに問題はないので、見守っていて大丈夫です。
はいはいが始まると、赤ちゃんの行動範囲が広がり、今まで以上に周囲に興味を持つようになります」(黒澤先生)

【10~11カ月ごろの発達キーワード1】つかまり立ち

脚の力が強くなって、ローテーブル
や親の脚などにつかまって、自分で立ち上がるのがつかまり立ちです。

「最初のうちは不安定ですが、徐々に長い間つかまって立っていられるようになります。慣れてくると、つま先立ちになったり、片手を離すようになったりすることもあります。
そのあと、支えていた手を動かして、脚を横に移動させる伝い歩きに移行します」(黒澤先生)

【10~11カ月ごろの発達キーワード2】立っち

脚だけで体重を支える感覚が育ってくると、足の裏を床につけて、体全体を支え、何かにつかまらなくても直立できるように。これが立っちです。

「最初は、バランスをとるために手を上げたり、両脚を肩幅と同じくらいに広げたりすることもあります。やがて、背筋を伸ばして立つようになります」(黒澤先生)

【1才~の発達キーワード】あんよ

何かにつかまることなく、両手でバランスをとりながら、脚を交互に運んで前に進めることを指します。

「多くの子が1才6カ月までにひとりであんよをし始めますが、個人差が大きいのが特徴です。
最初はよちよち歩きですが、しだいにバランスをうまくとれるようになり、すたすた歩けるようになるでしょう」(黒澤先生)

監修/黒澤照喜先生

撮影/有坂政晴[STUH] イラスト/髙栁浩太郎 取材・文/ひよこクラブ編集部

首がすわったと思ったら、あっという間にはいはいができるようになり、足腰が強くなって一人で立ったり歩いたり…。この時期は、できることがどんどん増えるので、変化に驚くかもしれません。
どのように発達していくのか流れを押さえておくことで、安心して成長を見守れるのではないでしょうか。

『後期のひよこクラブ』2022年秋号には「8カ月~2才まで ママ・パパが気になることすべて月齢別にお答えします」特集があります。
ママ・パパが悩みがちな心や片田の発育発達、お世話の気がかりを、月齢別にたくさん紹介しています。

参考/『後期のひよこクラブ』2022年秋号 特集「8カ月~2才まで ママ・パパが気になることすべて月齢別にお答えします」

●記事の内容は記事執筆当時の情報であり、現在と異なる場合があります。

後期のひよこクラブ 2022年秋号

Amazonで購入する(送料無料)

楽天ブックスで購入する(送料無料)

たまひよSHOPで購入する(たまひよセット割実施中!)

雑誌「たまごクラブ」「ひよこクラブ」はたまひよSHOPでの購入がおすすめ

■おすすめ記事
本当に安全な赤ちゃんのおもちゃって?おもちゃを選ぶポイントをチェック!

赤ちゃん・育児の人気記事ランキング

関連記事

赤ちゃん・育児の人気テーマ

新着記事

ABJマーク 11091000

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 第11091000号)です。 ABJマークの詳細、ABJマークを掲示しているサービスの一覧はこちら→ https://aebs.or.jp/

本サイトに掲載されている記事・写真・イラスト等のコンテンツの無断転載を禁じます。