SHOP

たまひよ会員

  1. トップ
  2. 赤ちゃん・育児
  3. 赤ちゃんのお世話
  4. 赤ちゃんの肌は潤いたっぷりじゃないの?! 0カ月からのスキンケアが必要な2つの理由【皮膚科医】

赤ちゃんの肌は潤いたっぷりじゃないの?! 0カ月からのスキンケアが必要な2つの理由【皮膚科医】

更新

赤ちゃんの肌は、なめらかで潤いたっぷりに見えるのに、どうしてスキンケアが必要なのだろうと感じたことはありませんか?
赤ちゃんの時期からスキンケアを行うことが必要な理由を、皮膚科医の馬場直子先生に聞きました。

【スキンケアが必要な理由①】0~3カ月ごろは肌トラブルが起きやすい時期だから

0カ月~1才11カ月の赤ちゃんを持つママ516人に「赤ちゃんが0~3カ月ごろに起こった肌トラブルは?」と聞いたところ(※)、61%もの人が「乳児湿疹(にゅうじしっしん)になった」と答えました。

「生まれたばかりの赤ちゃんの肌は、大人の肌と比べて水分や皮脂の保持量が少なく、ほうっておくと乾燥したり、湿疹ができるなど、肌トラブルになりやすいもの。
この時期に起こりやすい肌トラブルを防止するために、日々のスキンケアで肌の清潔&潤いを保つことが大切なのです」(馬場先生)

(※)この記事内のデータは、0カ月~1才11カ月の赤ちゃんを持つママ516人にインターネットで調査を行い、アンケート結果をまとめたものです。(2021年12月実施)

【スキンケアが必要な理由②】アトピー性皮膚炎(アトピーせいひふえん)や食物(しょくもつ)アレルギーの予防につながるから

日々の正しいスキンケアで肌トラブルを防ぐことが、アトピー性皮膚炎や食物アレルギーの発症予防にもつながると先生はいいます。

「乳児の湿疹は、アトピー性皮膚炎の始まりであることも多いため、早めにケアをして、悪化させないことが大切です。
湿疹を放置して、症状が悪化することで、アトピー性皮膚炎が重症化しやすく、高い割合で食物アレルギー発症につながります。
スキンケアで、肌を湿疹がない状態に保つことが、アレルギー発症の予防にもなるといえます」(馬場先生)

監修/馬場直子先生

撮影/アベユキヘ 取材・文/ひよこクラブ編集部

赤ちゃんのころから、日々、スキンケアをすることで、アトピー性皮膚炎や食物アレルギーの予防にもなります。だからこそ、正しいスキンケアの知識を身につけて、赤ちゃんのいい状態の肌をキープしてあげましょう!

『初めてのひよこクラブ』2022年秋号には「将来の美肌のために今から始めて!肌トラブルに負けない0~3カ月のスキンケアLesson」特集があります。
正しいベビースキンケアの方法のほか、0~3カ月の時期に起こりやすい肌トラブルの症例&対処法、ベビースキンケアのOK・NG、編集部おすすめの低月齢から使えるスキンケアグッズなどを紹介しています。

参考/『初めてのひよこクラブ』2022年秋号 特集「将来の美肌のために今から始めて!肌トラブルに負けない0~3カ月のスキンケアLesson」

●記事の内容は記事執筆当時の情報であり、現在と異なる場合があります。

初めてのひよこクラブ 2022年秋号

Amazonで購入する(送料無料)

楽天ブックスで購入する(送料無料)

たまひよSHOPで購入する(たまひよセット割実施中!)

雑誌「たまごクラブ」「ひよこクラブ」はたまひよSHOPでの購入がおすすめ

■おすすめ記事
0~3カ月赤ちゃんと過ごす初めて夏 酷暑を乗り切るためのエアコンの使い方Q&A【保健師】

赤ちゃん・育児の人気記事ランキング

関連記事

赤ちゃん・育児の人気テーマ

新着記事

ABJマーク 11091000

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 第11091000号)です。 ABJマークの詳細、ABJマークを掲示しているサービスの一覧はこちら→ https://aebs.or.jp/

本サイトに掲載されている記事・写真・イラスト等のコンテンツの無断転載を禁じます。