1. トップ
  2. 赤ちゃんの子育て・育児
  3. 忙しいママがやってる「おすすめ家事時短テク」

忙しいママがやってる「おすすめ家事時短テク」

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

iStock.com/monkeybusinessimages

【12月22日は働く女性の日】クラウドファンディングを活用して誕生

働く女性が増えているこの頃「働く女性の日」がないのはおかしい!と、女性向けのカバンメーカーがクラウドファンディングで資金や仲間を募って、2016年に登録されたばかりの記念日が「働く女性の日」です。「冬至の日(2017年は12月22日)」が選ばれたのは、一年で夜が一番長い日であるこの日、働く女性たちが井戸端会議を開いて語り合うことで、元気になって帰っていくことができればという願いが込められているそうです。

ご飯が手抜きなことより、ママが笑顔でいるほうが大切!

口コミサイト『ウィメンズパーク』にも仕事を持つワーキングマザーは多数。とにかく時間に追われているワーママにとっては、いかに家事に割く時間を短くするかが勝負どころ。特に仕事から帰宅して最もバタバタする夕飯づくりは、それぞれの工夫がみられるもの。「わが家の夕飯づくり時短テク」教えてもらいました。

■調理時間の短縮方法

「味噌汁やスープは、朝作っています。夫に子どもの朝ごはんを食べさせてもらってる間にササッと。同時に炊飯器のタイマーもポチり。
主菜は日曜に3日分ぐらい作ってタッパーに用意しておき、温めて出します。子ども分も取り分けで」

「魚を焼くグリルで何でも焼きます。
ホッケの開き、鶏もも肉1枚、サバの干物、市販品のピザなど。
グリルで焼いている間にもう一品作ると、夕食の準備は30分くらいで、おかず2品+サラダが作れます」


■調理ナシまたはすぐ食べられるアイテムを活用

「あれこれ手を加えすぎず、シンプルってのもいいんじゃないでしょうかね?一品…としても、新じゃがの季節は、ジャガイモをチンして軽く塩しただけでおいしいね!ってのも十分ありです!」

「一番時間がかかるのが野菜の皮むきなどの下ごしらえと気づき、冷凍野菜フル活用しています。笑
例えば、冷凍オクラ→ゆでる、そして納豆と和えてごはんにかける!もしくは豆腐にかける!
冷凍エビとブロッコリー→ゆでる!マヨネーズで和える!サラダ完成!」


■市販品も使ってOK!

「料理が苦手なので割り切ることにして、生協の宅配キット頼んでいます。お味噌汁だけは具沢山で作って、おかずはキットのカット済みのものを炒めたり、カットしてある野菜のサラダを盛り付けるだけなのでラクチンです」

「たまには、チキンラーメンも喜びます。野菜炒めを乗っければ、なんか文句ある?って感じで。
卵かけごはん、納豆ごはん、そうめん焼きそばだっていいんです。
『手作り栄養満点愛情たっぷり出来たてご飯!+不機嫌な母』より、『買ってきたそこそこ美味しい栄養まあまあのご飯+笑顔でのんびりゆったりの母』の方が、総合的には子どもにとって必要な栄養摂れると思ってます!」

無理して作るより、ママが笑顔でいることが大切。その通りですね!
(文・古川はる香)
■文中のコメントはすべて、『ウィメンズパーク』の投稿からの抜粋です。

子育て・育児

更新

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  •  

新着記事

新着記事をもっと見る