1. トップ
  2. 赤ちゃんの子育て・育児
  3. 子育て環境、治安、アクセス...「住まい探し」の決め手は?

子育て環境、治安、アクセス...「住まい探し」の決め手は?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


家庭を持つ人であれば一度は憧れるマイホーム購入。一世一代の大きな買い物だからこそ、失敗しないように慎重に選びたいですよね。今回は、住まい選びの3大キーワード、子育て環境・利便性・治安の3つについて、ママたちの意見を集めまてみました!

「子育て環境」がいい街に住みたい!

子どもにとっての環境はなにより大切、と考えるママは多いようです。実際はどんな点を重視したのでしょうか?

[妊婦さんのための住宅情報]赤ちゃんを育てやすいマンションの条件って?

地域住民の意識の高さ

公園や緑道があると、地域住民が清掃や花壇の手入れなど維持管理に関わる必要性が出てくるので、住民の意識も推測できるような気がします。また、ギャンブル施設は教育施設の近くにはつくることができないので文教地区の人気につながります。

子どもがいない地区はさみしい

すぐ近くに子育てが終わった家庭の多い地区がありますが、そりゃもう寂しそうです。学区内の小学校も人数が少なく、毎年いつ閉校になるかという話ですし、やはり子どもがいないと急に活気がなくなります。入居当時は家も街並みも新しく、きれいでいいのでしょうけれど、10数年後のことも考えたほうがいいと思います。

文教地区を選びました

文教地区で、海も山もあり子どもも多く、公園もいくつもあり、習いごとも病院も買い物も選択できる環境です。

「利便性」重視で時間を効率よく使いたい

通勤や通学に便利な駅近、アクセスのいい立地などの利便性も魅力なポイント。効率重視派の意見を聞いてみました!

働くママの住宅選び★子育てしやすい場所の条件って何だろう?

駅近は子育て物件

線路沿いに住んでいましたが、慣れたらパラダイスです。音や振動に寛容な人間の集まるところ、とまではいかずとも少なくとも敏感な人間はわざわざ住まない物件なので、子どもの物音に必要以上に委縮して暮らす心配がない、子育て家庭向きの物件だと思います。

子どもの将来を考えて...

学校からは遠い家に住んでいます。と言っても徒歩15分もかからない場所ですが、こちらの地域だと遠い部類に入ります。理由は、駅近を優先したためです。小学校よりも、中学・高校・大学のことを考えたときに駅から近い方がいいと思ったからです。

実家からのアクセスも考えて...

共働きなので通勤に支障のない時間かつ、なにかあると実家を頼るので、実家からきてもらうのでもできるだけ短い時間を最低条件に選びました。

万が一のことも考えると...

家選びのポイントは立地と価格でした。通勤しやすく、子どもが大きくなって1人で学校や塾に通えるように、駅近重視。地方なら、バス便がよいとか近くにスーパーや病院があるほうが断然いい。そういう立地だと、万が一家を手放すことになっても値が崩れにくいです。

家族が安心して住める家に住みたい!

治安や周囲の環境は、家族にとって大切なポイントです。ハッピーな気持ちで毎日を過ごせる、家探しの条件とは?

風紀や治安など、総合的な判断を!

地域の小・中学校の風紀や治安、駅近であることや資産価値があることなどが条件でした。

いい環境は親にもメリットがある

立地条件は、子どものこと考えて評判のよい学区の近くにしていますが、長い目で見れば私にもメリットは大きいです。私立学校への受験を考えなくてすむとか、親も熱心な人が多くて価値観が近く、近所づきあいがしやすいという点です。

日当たりは大事です

わが家は冬は日当たりが悪く、洗濯物が乾きません。午前しか当たらないのでふとんも干せず...。電気代がアパートに住んでいたころと比べて3倍になりました。家そのもののメンテナンスも気をつけていないと、湿気でカビたら大変です。

住まい探しは、焦らず慎重に行うのが失敗しないコツ。家族それぞれの意見をしっかりまとめて、納得のいく住まいが見つかるといいですね!

※文中のコメントは「ウィメンズパーク」からの引用です。
※この記事は「ウィメンズパーク」で過去に公開されたものです。

■関連記事
年収○○○万円以上で、持ち家率が賃貸率を上回る!

■おすすめ記事
赤ちゃんってどうやってできるの?「 性」にまつわる質問にどう答えてる?

子育て・育児

更新

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  •  

新着記事

新着記事をもっと見る