1. トップ
  2. 赤ちゃんの子育て・育児
  3. 子どもと自分にかける時間を増やしたい!リアル子育てママの時短テク

子どもと自分にかける時間を増やしたい!リアル子育てママの時短テク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


子育てや家事に追われる毎日に、「洋服やアクセサリーよりも、時間が欲しい!」と願うママは多いのではないでしょうか? 今回は、口コミサイト『ウィメンズパーク』に集まった投稿の中から、時間を有効活用できる賢い時短テクニックをご紹介します!

こちらもおすすめ→ワーママ・尾崎友吏子さん直伝!【0~2才ママ】におすすめ家事時短テク

ママたちが考えた、1日のスケジュールの時短法

「24時間じゃたりない...」ママなら一度はぶち当たる時間の壁。でも、ちょっとした時間やグッズの使い方によって、もっと有意義な1日を過ごせるかも!

子どもと一緒におやすみなさい~!

子どもと一緒に早く寝て、その代わり早く起きて家事をする方法に切り変えました。そうしたら、自分もよく眠れて体の疲れは取れるし、朝に集中して時間が確保できるので家事ははかどるし、いいことだらけです。

離乳食は大人のご飯と一緒に作る

おかゆは大人用のご飯を炊くときに炊飯器に離乳食用の耐熱の専用グッズを入れて一緒に炊き、余ったら冷凍。野菜類はまず鍋で昆布+鰹だしを作り、そこにいろんな野菜を切ってドバッと投入。煮て全部柔らかくなったら、ブレンダーにかけてそれを小分け冷凍しています。残った分に味噌を入れて大人のご飯に。

関連記事:離乳食に向けて用意しておきたいグッズと離乳食作りの時短テク

夕飯は親子一緒に!

子どもと一緒に夕飯を食べてしまうといいです。ゆっくりは食べられませんが、時短になるし、一緒に食べたほうが子どももうれしいと思うので...。

掃除、洗濯、炊事... 家事の時短法を教えて!

毎日のことだから、ついやる気も失いがちな家事。適度に手を抜きながらもしっかりこなすための、家事時短法を集めてみました!

料理はなんでも多めにつくる

基本的に料理は毎日していますが、なんでも多めに作って冷凍したり、リメイクしたりの手抜きをしています。食洗機も購入したので、食器はすすいで食洗機に入れるだけ!

冷凍ご飯スタイル

週末にまとめてご飯を炊き、1食分ずつラップに小分けして冷凍しています。毎日ご飯を炊いて、そのあと片づけをすることが負担ですし、家事の時短をして子どもや自分にかける時間を増やせているので、個人的にはこの方法が欠かせません。

キッチンタイマー掃除法

「今日は10分(時間を好きに設定)だけ掃除する!」と決めてタイマーをセットし、ピピピと鳴れば、途中でもおしまいにしてしまうという掃除法です。これだと罪悪感もなく、隙間の時間でできて(厳密にはできてなくても)達成感が味わえます!

まだまだあります、ママたちが考えた時短テクニック

せめて、ひとりになれる時間があと1時間あれば...と願うママたちに役立つ、生活の中のちょっとした時短テクニック。ちりも積もれば、きっと山となる...はず?!

入浴時間短縮のため、髪をカット

時短を目指して、意識して時計を見て何度も計りながら入浴。おかげで意識しなかったときよりもだいぶ早くなりました。また、髪もロングヘアから肩につくかないくらいに切りました!

食材・生活用品は宅配で

トイレットペーパー、米などの大物を仕事帰りに買うのは、休みの日が買い出しでつぶれるのを避けたい場合に便利。洗剤やシャンプーなど、在庫管理も忘れがちになりそうなら、ネットの定期便利用やまとめ買いをしておくと安心です。

牛乳パックを再利用

牛乳パックを乾かして、底の部分だけ切りとって開きます(長方形に)。魚や肉、キムチなんかを切るときはこの上で切って捨てるだけ! まな板が汚れず楽ちんです。

親子一緒に一気に保湿!

ベビーオイルをおふろから上がる前に(ぬれた状態で)体と顔に塗ります。子どもの体に塗ると保湿代わりにもなるし、ついでにその手で自分の顔にも塗ってしまいます。

関連記事:忙しいママがやってる「おすすめ家事時短テク」

いかがでしたか? 先輩ママたちの時短テクを上手にとり入れて、ほっとひと息タイムを過ごすことができるようになると、子育ても笑顔でもっと楽しくがんばれそうですよね!

※文中のコメントは「ウィメンズパーク」からの引用です。
※この記事は「ウィメンズパーク」で過去に公開されたものです。

■おすすめ記事
手伝わない!お金も出さない!兄嫁・弟嫁にイライラ!!帰省したら手伝わんかいっ!

子育て・育児

更新

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

新着記事

新着記事をもっと見る

赤ちゃんの子育て・育児の人気記事ランキング

関連記事