1. トップ
  2. 赤ちゃんの子育て・育児
  3. 定番こそ差をつけて着こなしたい!大人のダッフルコーデ

定番こそ差をつけて着こなしたい!大人のダッフルコーデ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

出典:@toto536924さん

毎シーズン冬になるとどのショップにもお目見えするダッフルコート。学生の頃から馴染み深く、大人になった今でも愛用している方は多いはず!
定番として流行に関係なく着回せるデザインだから、上質なものを手に入れていろんな着こなしを楽しんでみたいですね。今回は大人にも似合う、ダッフルのコーディネート術をSNSのおしゃれ投稿から学んでみましょう。

合わせるアイテムで大人っぽ見えを狙え!

学生の頃からお世話になっているダッフルコート。カジュアルにもきれいめコーデにも似合う定番デザインですが、着方によっては子供っぽく見えてしまう恐れも。合わせるアイテムを厳選して、年相応のダッフルコーデに仕上げましょう。

ハイウエストタイトボトムスでスタイルアップ!

出典:ZOZOTOWN

ロング丈が素敵なgroverallのダッフルコート。そのままでも十分大人っぽいのですが、細身シルエットのスカートと合わせるとさらに大人の着こなしに。こちらのスカート実はジャンスカで、スタイルアップ間違いなし!

大人小物でこなれカジュアルに

出典:ZOZOTOWN

ミラオーウェンのネイビーダッフル。白いカットソーとテーパードチノでオーソドックスなカジュアルスタイルですが、パイソンコンビのとんがりフラットシューズとハラコの小さめクラッチで一気にこなれ感増し増しに。

程よいデコルテの肌見せが大人コーデのお約束

出典:ZOZOTOWN

上質な素材のダッフルコートはシンプルな着こなしが一番映えますね。ほどよく開いたVネックの胸元やかっちりレザーのバッグが大人の審美眼を演出してくれます。Vカーデの1枚着で今年っぽさも出せますね。

洗練されて見えるカギはカラーコーディネート

垢抜けのポイントはカラーコーディネートにあります。上質に見えるワントーンコーデや、色数を絞ったコーデで大人のバランス感覚を表現しましょう。

インナーをブラックでまとめてIライン効果を

出典:ZOZOTOWN

家族でディズニーの日は動きやすさが重要!暖かなダッフルコートの中は上下ブラックの細身コーデでまとめて、Iラインを強調すれば、細見え効果も抜群ですね。華やかカラーのフルラのメトロポリタンが効いています。

グレーのワントーンに白を差して爽やかに

出典:ZOZOTOWN

グレーのグラデーションでまとめたリュクスなコーディネートに白を差し色にしてポイントに。スニーカーやトートバッグのスポーティな味付けもおしゃれですね。

オールブラックの辛口カジュアルでクールにキメて

出典:ZOZOTOWN

大人の休日コーデにぴったりの辛口カジュアル。細身の黒ダッフルに黒スキニー、カーキのリュックとメンズのようなかっこよさ。でもどこか可愛げがあるのはダッフルだからですね。

カラーやデザインで遊びゴコロのあるダッフルコーデに

時には攻めたカラーで遊んでみたり、凝ったディテールを取り入れるのも大人だからこそできるおしゃれです。可愛さ、目立ち度も全体を見ながら引き算して、ちょうどいいところを探して見てくださいね。

鮮やかグリーンで新鮮なダッフルの着こなしを

出典:ZOZOTOWN

鮮やかカラーとカジュアルなディテールが可愛いダッフルコート。大人だからこそ選べる変わり種ダッフルといえますね。定番のシルエットだから着こなしやすさは保証します!

白ダッフルもユニクロプライスなら挑戦しやすい

出典:WEAR

ユニクロの白いダッフルコート。冬のホワイトコーデは素敵ですが、アウターの白はなんとなく敬遠しがち。プチプライスのユニクロなら、気持ちのハードルを下げてくれる気がします。

女子っぽディテールで可愛さも盛れちゃう♡

totoさん(@toto536924)がシェアした投稿 -

フード回りのふわふわファーが可愛いネイビーのダッフルコート。はっきりブルーのボックススカートとタイツで、大人可愛いコーデの完成。上質なディテールも大人見えの大事なポイントですね。

大人になっても着たい定番のダッフルコート、大切にすればこの先何年も活躍してくれそうですね。真冬のデイリーアイテムとして、採用してみてはいかが?(文・中山裕子)

■関連記事
ZARAも憧れブランドも!冬のラストセールでゲットすべきアイテム大調査
GUユニクロもSALEでゲット!鮮やか【カラーニット】の着こなし9選
足元あったか♡ムートンブーツ&スノーブーツのおしゃれコーデ

子育て・育児

更新

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  •  

新着記事

新着記事をもっと見る