SHOP

内祝い

  1. トップ
  2. 赤ちゃん・育児
  3. 節約のつもりだったけど、ケチなだけ!?「シャンプー、最後はもちろん水足し」「湯船は当然、お湯少なめ」みんなのケチケチエピソード

節約のつもりだったけど、ケチなだけ!?「シャンプー、最後はもちろん水足し」「湯船は当然、お湯少なめ」みんなのケチケチエピソード

更新

販売タグを見てカップル
AndreyPopov/gettyimages

日々節約を心がけていることが、「もしかたら、人から見たらこれってケチかも?」と思ったことはありませんか?
「たまひよ」アプリユーザーから寄せらた声とともに、作家、家族・介護アドバイザーとして活躍する、鳥居りんこさんのエピソードをお届けします。

「私ってケチかも」と思った瞬間

まず、みんなのエピソードをご紹介します。

■値上げラッシュで混乱
「スーパーの底値を切らないと買えない。でも値上がりの波で底値迷子…」(わつ)

■絶対無駄にしない!
「ポイント重視、セールやポイント何倍の時にまとめ買い。1ポイントでも捨てるとかなりショックです」(たまも。)

■服はリサイクル
「服を買わない。譲ってもらったものを着て、着なくなったら古着屋に持っていきます」(わさ)

■コンビニ弁当は買わせない!
「普段、残りものや冷蔵庫にあるもので食事のやりくりを考えています。夫がコンビニ等でお弁当を買おうとすると、『作ったら安いのになぁー』と言って、買わせないようにする時に『私ってケチだな』と思います」(かけあや)

■ボトルも水足し
「シャンプーやリンスなど最後まで使いきりたくて出てこなくなったボトルに水足しすること。夫には不評です(笑)」(よこ)

■入浴剤を節約
「入浴剤を買うと高いので、お風呂に米のとぎ汁入れて入っています」(ほくせー)

■使い回して使い切る
「サランラップは、捨てる前に次の調理で剥いた野菜の皮を捨てるのに再利用しています。ちょっとしたものを拭く時に使ったティッシュはすぐに捨てずに、同じ用途で使うためにそこらへんの棚に置いてあります」(ふぅたろうママ)

■お金をかけてないのに罪悪感
「安いご褒美を買っても、少し罪悪感を感じてしまうところ…」(かんち)

■ティッシュなどは少なめ
「トイレットペーパーやティッシュは、多めに使わない、お風呂のお湯は満タンにしないこと」(かほさほママ)

■とことん着る!
「パジャマがなくて、使い古したTシャツ等ですませているが、さらにその使い古しに穴が空いてしまったとき」(きなこ)

節約?散財?訳が分からん、私のケチケチエピソード

鳥居りんこさんに「私ってケチかも?」と思ったものの、散財をしていると愕然としたエピソードについて伺いました。

「皆さん、生活防衛力がおありになる!
最近の値上がりラッシュには頭を抱えてしまいますが、我々、庶民には『防御は最大の攻撃』と言えるかもしれません。要は『節約』ですよね~。

そんな中、皆さんの涙ぐましい節約術は参考になりますね。ワタクシもシャンプー類が残り少なくなると水足ししています。そして、使い切った後に、詰め替え用シャンプーをボトルに移し替えたりするんですが、この時、大量にこぼしたりしてね。それを『もったいな!』と言いながらかき集めて、普段の倍量で髪を洗ったりするんですから、節約してるんだか、散在してるんだか、訳が分からん状態です。

“水足し”でよくやるのが、揚げ物の衣を付ける時。卵液があともうちょっとのところで切れたりすると、卵をもう1個使うという選択肢は全くなく、躊躇なく水足しして卵液を増やす作戦に出ますからね。よそ様には絶対に食べさせられませんわね。

穴が空いたものを着続けるってのも、思えば平気でやってますね~。腹巻とか、毛糸のパンツとかは『誰も見ない』という理由で、多少の穴も糸のほつれも黙認。それを買い替えるなら、そのお金で他に欲しい物を買いたいってなっちゃうんですよ。
友人には『女は見えないところまで気を配ってナンボ!』と言われたので、ワタクシの価値は絶賛デフレーションざます(泣)。

ポイント重視派の方の声もありましたが、ポイントカードって財布の中で迷子になりません?出したい時に限って見当たらない。「あれ?確か、この店のポイントカード持ってたはずなのに」ってゴソゴソ探すのに出て来ずで、結局、そのまま会計しちゃうみたいな。
先日もこんなことがありました。あるドラッグストアで『ポイントカードはありますか?』って、聞かれたんですね。でも、そこは娘の家の近所のお店だったため、ワタクシには馴染みがなく、『持ってないです』と答えて、精算したんですよ。で、帰り際です。横を見たら、ワタクシが持っているポイントカードの写真がある!なんと、そこは有名ドラッグチェーンの傘下に入っている店。つまり、ワタクシのカードが使えたってオチです。最近、生まれた孫のためにオムツ(しかも孫可愛さでオーガニックを買うてしも~た!)を2袋も買ったのに!!めちゃ高かったのに!!と心の中で地団駄を踏んでおりました。

あ~、貧乏人根性って嫌ですわね~。

まあ、ワタクシの場合、酒を減らせばよいんザマスよ。この缶チューハイをやめればいいんですよ。でもですよ、心の中の悪魔が囁きますわね。『ドンペリ飲みたい!って言ってるわけじゃなし。たかだか100円ぽっちの贅沢くらい、許されるんじゃね?買っちゃいなよ、いいよ、いいよ!』って。かくて、チューハイ片手にスルメなんかを喰らっておる次第。
たかが100円、されど100円。このチリツモがワタクシの万年金欠の理由のような気がして参りました……」(鳥居りんこさん)

シャンプーのボトルに水足し、多少の下着のほつれは当たり前!けれども、どこかで散財している時があるので、無駄な節約になっているかもと思いあたることがあります。反省。。。
(取材・文/酒井範子)

鳥居りんこさん

PROFOLE)
作家、介護・家族アドバイザー。2003年、学研より『偏差値30からの中学受験合格記』でデビュー。実体験に基づいた『中学受験シリーズ』が人気。近著に『増補改訂版 親の介護は知らなきゃバカ見ることだらけ』(双葉社)『女はいつもどっかが痛い がんばらなくてもラクになれる自律神経整えレッスン』(小学館)など。執筆・講演活動などを通じて、子育てや受験、就活、介護に悩む母たちを応援している。

ブログ「湘南オバちゃんクラブ」

※文中のコメントは「たまひよ」アプリユーザーから集めた体験談を再編集したものです。
※記事の内容は記事執筆当時の情報であり、現在と異なる場合があります。

赤ちゃん・育児の人気記事ランキング

関連記事

赤ちゃん・育児の人気テーマ

新着記事
ABJマーク 11091000

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 第11091000号)です。 ABJマークの詳細、ABJマークを掲示しているサービスの一覧はこちら→ https://aebs.or.jp/

本サイトに掲載されている記事・写真・イラスト等のコンテンツの無断転載を禁じます。