1. トップ
  2. 赤ちゃんの子育て・育児
  3. 人見知りがピークに!【6月生まれ】赤ちゃんの2月のお世話

人見知りがピークに!【6月生まれ】赤ちゃんの2月のお世話

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

6月生まれの赤ちゃんは、このころどんな様子なのでしょう?
はいはいで移動することが多くなる、「生後8カ月」の赤ちゃん。前歯が上下2本ずつ生え、歯のお手入れを始めるころです。そんな赤ちゃんの2月の過ごし方を紹介します

はいはいにいろいろなバリエーションが!

このころになると、はいはいをする子が多くなります。最初は腹ばいから後ずさりしたり、回転したり、おなかをつけたままひじを使って進む「ずりばい」から始まり、やがて両手、両ひざを使って移動するはいはいになっていきます。はいはいをせずにつかまり立ちする子もいますが、心配はいりません。
また、おすわりが安定し、座ったままで横にあるおもちゃを取れるようになります。また、おすわりの状態から、ものにつかまって少し腰を上げることもできるようになります。
運動量が増えるので食べる量が増えてきます。

昼は公園や児童館で存分に遊ばせましょう

厳しい冬の季節ですが、生活リズムを整えて生活習慣を身につけるようにしましょう。はいはいをはじめたら安全に遊べるスペースを作り、いま一度家中の安全チェックをぬかりなくしましょう。体をたくさん動かせるように、天気のいい日は公園や児童館などへ行って遊ぶのを習慣にするのもいいですね。広い空間で自由に遊ばせてあげましょう。
また、このころの赤ちゃんは、人見知りがピークになるころです。人見知りが激しいと、ママもパパも困ってしまいますが、まずはしっかり抱っこして安心させてあげましょう。ママやパパが楽しそうに話す様子を見せて、その人がこわい人ではないことがわかると、おさまる場合もあります。発達の過程なので、おおらかに見守ってあげましょう。1才を過ぎればおさまってきます。

冷え込む日が増えるので、暖かい生地の洋服を

2月は厳冬の時期です。冷え込む日が多いので、外出時は暖かいはおりものや帽子でしっかり防寒対策をしましょう。室内では、ボディ肌着に、トレーナーとズボンが基本です。暖房のきいた部屋にいるときは、汗ばんでいないか小まめにチェックをしましょう。

いかがでしたか? はいはいでたくさん動くようになった「生後8カ月」の赤ちゃん。危険なものが床に落ちていないかなど家の中をチェックして、思う存分遊ばせてあげましょう!
(文:たまひよONLINE編集部)
※『6月生まれの赤ちゃんガイド』(ベネッセコーポレーション刊)より抜粋
amazonで詳しく見る

■おすすめ記事
知っておこう!子どものしゃっくりの原因&止め方

子育て・育児

更新

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

新着記事

新着記事をもっと見る

赤ちゃんの子育て・育児の人気記事ランキング

関連記事