1. トップ
  2. 赤ちゃんの子育て・育児
  3. 憂鬱な義実家へのお泊り。その回避方法は?

憂鬱な義実家へのお泊り。その回避方法は?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

iStock.com/igor_kell

厄年を1カ月でやり過ごす「重ね正月」

2月1日は「重ね正月」。
現在の暦では、正月を境に年齢が変わりますが、2月1日はお正月後の最初の1日であることから、2度目の正月として厄年となる人に仮に一つ歳をとらせて、早く厄年をやり過ごそうとする風習に由来します。
古来より伝えられ、江戸時代に広まった厄年・厄祓い。不安な厄年を早く済ましてしまおうと、計算上はこれから一年続くはずの厄年をわずか1ヶ月で終わらせてしまうなんてかなり強引な風習(笑)。いったい誰が考えたのでしょうね。

厄年は、満年齢で、
女性は、3歳、18歳、32歳、36歳、60歳、
男性は、3歳、24歳、41歳、60歳、
特に要注意とされる大厄は、女性 33歳、男性 42歳です。
ちょうどホルモンバランスなど身体に変化が出てくる頃。健康に注意すべしという警告の意味も込められているので、くれぐれもお気をつけて。

角が立たない義実家お泊りの断り方

お正月といえば、みなさん義実家を訪ねた方も多いと思います。
居心地のよい義実家もあるようですが、ほとんどが“面倒臭い場所”でもあるようです。
できることなら早く帰りたい。
できることなら泊まらずに帰りたい。
でも、嫁としては角を立てたくない。
口コミサイト『ウィメンズパーク』にも「正月、義実家に泊まらない方法」を知りたいママがいっぱい。
どう言えば、夫や義父母の気分を悪くせず断れるでしょうか?

「義実家に同居している『義姉さんの負担を増やしたくないから泊まりません』と言い切ります」

「夫が義父さんに『泊まらない!』と言えばいいのですから、夫をシッカリ教育する!」

「まったく角を立てずにお断りするというのは難しいと思いますが『もう2日に用事を入れてしまっているので泊まれませんが、また近々顔をみせにきますね』と代替案を提示すれば、わりと円満解決です」

「懲りさせるのもあり! 一回泊まって、人見知りありの2歳児や夜泣きの赤ちゃんがいる現実を知ってもらったら、義父は懲りたみたい。義父もほとほと疲れたらしく翌年からはホテル泊に」

「仮病ですが、年末からゲホゲホ咳をして『風邪を引いた。甥っ子たちにうつすのも悪いから泊まりません』でクリア」


夫にでも「泊まりたくない!」と、強く言うのは、やはり気分がいいものではないですよね。
風邪(仮病ですが)は名案! これなら、義実家も納得!?
代替え案を提示するのも賢いやり方!
来年のお正月まではまだ先ですが、しっかり策を練って、うま~く義実家お泊り回避を。
(文:井上裕紀子)
■文中のコメントはすべて、『ウィメンズパーク』の投稿からの抜粋です。

■関連記事
義母が子育てに口を出したら...やり手妻の上手なかわし方
結婚後発覚!実家&義実家の衝撃のルールとは?
毎年頭を悩ませる...「年末年始、義実家or実家どちらで過ごすか?」問題

■おすすめ記事
赤ちゃんってどうやってできるの?「 性」にまつわる質問にどう答えてる?

子育て・育児

更新

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  •  

新着記事

新着記事をもっと見る