1. トップ
  2. 赤ちゃんの子育て・育児
  3. 【6月21日は「がん支えあいの日」】人間ドック受けてますか?

【6月21日は「がん支えあいの日」】人間ドック受けてますか?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加



世界共通の「節目」の日に「がん」を考える

NPO法人キャンサーリボンズによって制定された「社会全体でがんのことを考え、お互いを支えあう日」である記念日です。北半球の夏至、南半球の冬至にあたるこの日。世界共通の「節目」にあたるこの日を、「がんも人生における節目である」ことと重ね合わせて、この日が選ばれたそうです。

育児家事に多忙だけど…人間ドックを受けてるママはいる?

今や日本人の2人に1人がかかると言われている「がん」。育児で多忙だと、つい自分の健康が後回しになってしまいますが、がんの早期発見のためにも、ママたちは「人間ドック」受診しているのでしょうか?
『ウィメンズパーク』のママたちは、

「正社員(時短)で働いており、人間ドックが受診できるようになってから(35歳になる年)は、毎年必ず人間ドック受診してます。
加入している健保から25000円の補助が出ますが、何だかんだオプション付けるので、自己負担は25000円~30000円です」

「35歳から毎年人間ドックを受けてます。
婦人科検診も乳房エコーも一緒に受けられるし、即日結果報告と医師や保健師へ相談する時間も設定されているのでちょっとした不調はその時に聞きます」

「今年度は節目の年でもあり、体調の思わぬ変化を感じて、5万円程度の人間ドックを受ける予定です」

「実家がガン家系なので、38歳から毎年人間ドックを受けよう!
と思って3回受診しました。ほかに子宮がん検診と乳がん検診も毎年受けています」

「年に1度の職場の健診を受けています。
人間ドックはは35歳の時に受けたきりです(^_^;)
職場の健診でバリウムが受けられるのですが、受診する病院によっては追加料金なしで胃カメラに変更できるので、そういった病院を選んで胃カメラの検査にしてもらっています」

自分の会社やパパの健康保険など利用して、毎年人間ドックを受けている人も。ママの健康管理、大切ですね!(文・古川はる香)

■文中のコメントはすべて、『ウィメンズパーク』の投稿からの抜粋です。

※この記事は「たまひよONLINE」で過去に公開されたものです。

■おすすめ記事
生年月日・出生体重があやふや…!大家族あるあるが半端ない!

子育て・育児

更新

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  •  

新着記事

新着記事をもっと見る

赤ちゃんの子育て・育児の人気記事ランキング

関連記事