1. トップ
  2. 赤ちゃんの子育て・育児
  3. 100円ショップでも大人気!インテリアバルブボトルの使い方4選

100円ショップでも大人気!インテリアバルブボトルの使い方4選

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


今、巷で話題になっている「インテリアバブルボトル」をご存じですか? ハンドメイド好きたちが集う100円ショップで大流行している、人気の雑貨なんです。その用途は人によってさまざま。今回は、インスタママたちのリアルなインテリアバブルボトルの使い方を4つご紹介します。ぜひ参考にしてみてください。

公園で目立っちゃおう!シャボン玉ボトル

インテリアバルブボトルとは、電球の形をした入れ物のこと。100円ショップのセリアでは、プラスチック製・ガラス製の2タイプを販売しています。
テレビ番組でインテリアバブルボトルを知った、インスタグラマーのy u u k aさん。テレビでシャボン玉入れとしてアレンジされているのを見て、早速まねてつくったのが写真の作品。
セリアでボトルを購入し、シール(ダイソーで購入)を貼って、ひもをつけて首からぶら下げられる仕様にしています。
首からぶら下げるようにしたことで、両手が空き、子どもと遊びやすくなったそう。また、シャボン玉を吹くスティックをボトルの中に入れられるのもうれしいポイント! シャボン玉で遊んだあと、スティックを液が垂れなくなるまで拭くのは手間。ボトルの中に入れたままにできれば、便利ですよね。

人気のテラリウムをバルブボトルで

インスタグラマーのHiーkoさんは、数年前から人気のテラリウム(小さな植物をガラス容器で育てること)をインテリアバブルボトルで再現!
お子さんが通う幼稚園のバザーで手づくりのものを出品せねばならず、「100円ショップでそろえられるものを…」と考えて写真のテラリウムを仕上げました。インテリアバルブボトルはセリアで購入し、エアプランツはダイソーのものがサイズ的にちょうどよかったのだとか。
こんな風にグリーンを入れて家に飾れたら、おしゃれですてきですよね♪

フラワーズバイネイキッド風のフラワリウム

インスタグラマーのるみさんは、インテリアバブルボトルでフラワリウムをつくっています。フラワリウムとは、特殊な保存液で長期間花を観賞するものです。
るみさんもほかのインスタママたちと同様に、100円ショップでインテリアバブルボトルを購入。プラスチック製で割れない・軽いインテリアバブルボトルに花を入れたらきれいかな…と思い、フラワリウムをつくったのだとか。専用の保存液ではなく、水を入れただけなので日持ちはしなかったそうですが、華やかなので少しの間飾っておくだけでも気分が上がりますよね♪

韓国で大流行中!電球ジュース

韓国で流行し、日本でもカフェやお祭りの屋台などで販売されている「電球ソーダ(電球ジュース)」。インスタグラマーのNoaさんは、桜祭りの屋台で電球ソーダを400円で購入。飲み終わったものを洗ってリサイクルし、おうちで使っています。かわいいボトルなので、どんな飲み物を入れてもかわいくなりそう!
100円ショップで売られているものはドリンク用としては少し小さく、フタに穴が空いていないので、ストローが通せません。電球ソーダを売っている屋台を見かけたら、ぜひ買いたいですね♪

これまで部屋を照らす道具として身近にあった電球が、今はインテリア雑貨として流行しているのには驚きでした。インスタママたちの使い方を見ていると、確かにおしゃれでかわいいですよね。気になったかたは、100円ショップへGO!(文・岡本梓)

インスタグラマー y u u k a(@uka_isu)
1歳9カ月の男の子を持ち、現在は9カ月の妊婦さん。インスタグラムは子どものふだんの様子、手づくりした子どものごはんなどをアップ。
https://www.instagram.com/uka_isu/

インスタグラマー Hiーko(@dakatowa)
新潟県在住で、11歳と5歳の2人の男の子を育てる、働くママ。コーディネートや日常の様子をインスタグラムに投稿。おしゃれなファッションにママたちから注目が集まる。
https://www.instagram.com/dakatowa/

インスタグラマー るみ(@ru.ru_rumi)
女の子と男の子の2人の子どもを持つママ。インスタグラムには日々の料理を中心にアップ。手軽・簡単をテーマにつくられる料理は、どれも家庭的で温かみがある。
https://www.instagram.com/ru.ru_rumi/

インスタグラマー Noa(@noaxyuzrin)
11歳の女の子と8歳の男の子のママ。インスタグラムには子どもの日常やハンドメイド作品を投稿。つくったものはハンドメイドアプリにて販売。
https://www.instagram.com/noaxyuzrin/

※この記事は「たまひよONLINE」で過去に公開されたものです。

■おすすめ記事
1歳からの英語は早すぎない?日本語への影響は?など気になる疑問にお答えします!

子育て・育児

更新

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  •  

新着記事

新着記事をもっと見る