1. トップ
  2. 赤ちゃんの子育て・育児
  3. 6月16日は和菓子の日★子どものおやつ、どうしてる?

6月16日は和菓子の日★子どものおやつ、どうしてる?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


和菓子を供えて、健康招福を願う行事が

平安時代、西暦848年の6月16日、仁明天皇が「16」の数字にちなんで16個の菓子や餅などを神前に供え、疫病除けや健康招福を祈ったそうです。その後も6月16日に菓子や餅を食べることがめでたい行事として受け継がれ、明治時代まではさかんに行われていたとか。
この行事「嘉祥の日」を現代に復活させようと、全国和菓子協会が制定したのが「和菓子の日」です。

毎日のおやつは「基本市販品、たまに手作り」なママたちが多いよう

どら焼きや最中など和菓子をおやつとして食べることも。『ウィメンズパーク』のママたちは、子どもにどんなおやつを用意しているでしょうか?

1才6か月のママ「果物か芋などの温野菜やトマト等、日によっては小さいおにぎりやパンをあげることもあります」

1才7カ月のママ「クッキー系の甘いのは本人が好まず、お煎餅の塩系の味のものか果汁100%のゼリーなどです。後はフルーツ(主にバナナ)か冷凍の小さめの肉まんをチンしてあげています」

1才5カ月と5才のママ「市販のおやつばっかりです。
午前のおやつはおにぎり(夜多めに作っておく)ですが、午後のおやつは赤ちゃんせんべい・ボーロ・スティックパン・クッキーなどです」


普段は市販品でも、余裕のあるときは手作りおやつを食べさせたいママもいますよね。『ウィメンズパーク』でママたちおすすめの手作りおやつ教わりました。

●夏は、200mlのパックの100%ジュースに寒天を混ぜて冷やしたらゼリーができるので、安くすみお勧めですよ。

●マカロニに、きな粉をふって、あべかわ風マカロニは大好物です。
コスパと腹持ちの良さでうちでは定番です。


他にも、レンジで蒸しパンを作ったり、時間のあるときに小さいおにぎりやホットケーキを多めに作って冷凍している人も。

「おやつは全部手作り!」と頑張るとママも疲れてしまいます。市販品をうまく使っていけば、たまの手作りおやつもより喜ばれそうですね。(文・古川はる香)

■文中のコメントはすべて、『ウィメンズパーク』の投稿からの抜粋です。

※この記事は「たまひよONLINE」で過去に公開されたものです。

■おすすめ記事
「外出前に爆裂うんちで即着替え!!」幼児あるあるに爆笑必至

子育て・育児

更新

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

新着記事

新着記事をもっと見る

赤ちゃんの子育て・育児の人気記事ランキング

関連記事