1. トップ
  2. 赤ちゃんの子育て・育児
  3. 6月6日はおけいこの日 習い事を始めるならこの日がいい!?

6月6日はおけいこの日 習い事を始めるならこの日がいい!?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


6才の6月6日におけいこスタート!

古くから「芸事の稽古はじめは、(数えで)6才の6月6日に行う」という習わしがあり、この日から芸事をはじめると、上達が早いと言われていることから「おけいこの日」となりました。同じ理由から「邦楽の日」、「楽器の日」、「いけばなの日」にもなっています。
また、数を指で折って数えると、6の数字の時に「小指が立つ」形となり、そこから「子が立つ」という縁起の良さも由来となっているようです。

6才というと小学1年生くらいからですが、ママたちは、どんなおけいこを何才くらいから始めさせているでしょう?
スイミング、サッカー、体操、英語、ピアノにバレエetc.6才からとはいわず、もっと小さい頃から習い事を始めさせているママが多いようですね。

何才から始める? お月謝は?

ベネッセ教育総合研究所のレポートによると、3才~6才の子どもを持つママを対象にしたアンケートでは、幼児ではスポーツ1位がスイミング。5人に1人が通っていました。2位は体操教室・運動遊び。
始める時期は、スポーツ系は4才が約30%、5才になると約50%に。4歳~5歳にかけて、始める子が半数に。

気になる習い事のお月謝は?
3才で4300円、4才で5900円、5才は8100円、6才が10300円と高くなる一方。う~ん、家計につらい……。

毎月のおけいこ代は大変だけど、おけいこで子どもの可能性を広げてあげたいのが親心。
将来はピアニスト? サッカー選手? もしかしたらオリンピックで金メダリストになっちゃうかも!? 夢は広がりますよね。
(文・井上裕紀子)

■参考
ベネッセ教育総合研究所 2009年

※この記事は「たまひよONLINE」で過去に公開されたものです。

■おすすめ記事
赤ちゃんってどうやってできるの?「 性」にまつわる質問にどう答えてる?

子育て・育児

更新

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  •  

新着記事

新着記事をもっと見る