1. トップ
  2. 赤ちゃんの子育て・育児
  3. 生活リズムを整えて【3月生まれ】赤ちゃんの6月のお世話

生活リズムを整えて【3月生まれ】赤ちゃんの6月のお世話

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

体重が出生時の約2倍になり、少しずつ首がしっかりしてくれる生後3カ月の赤ちゃん。あやすとキャッキャッと声をあげて笑うようになります。そんな生後3カ月の赤ちゃんとの6月の過ごし方を紹介します。

表情が豊かになってあやすと大喜び 首がしっかりするのでおでかけも楽しく。

このころの赤ちゃんはあやすとキャッキャッと声を出して笑います。さみしいとママやパパを目で追い甘えるような泣き声を出すことも。ガラガラなどを持たせると、少しの間なら握っていられるようになります。それを口に持っていき、見つめたりなめたりします。
授乳の回数、間隔がだいたい決まってくるのもこのころ。1日の授乳回数は、母乳の赤ちゃんの場合は多くて8回くらい、ミルクの赤ちゃんの場合は5~6回程度にまとまってきます。泣いてもすぐに飲ませるのではなく、次の授乳タイムまで、抱っこしたり遊んだりして、間隔をあけていくとよいでしょう。

1日20~30分程度のお散歩を日課に

生後3カ月の赤ちゃんはそろそろ首がすわるころ。たて抱きやおんぶでも頭がグラグラしにくくなるので赤ちゃんとのお散歩を楽しんで、ママやパパもリフレッシュしましょう。ただ、まだ首がカクンとなることもあるのでしっかり支えましょうね。お散歩では目にはいるものを「お花きれいだね」「ねこちゃんがいるね」などと言葉にして話しかけ、一緒に楽しみましょう。ベビー用日焼け止めや帽子は忘れずにね。なるべく決まった時間に出かけるようにすると、生活リズムを整えやすくなります。

3~4カ月健診を受診しましょう。

少しずつ握る力がついてくる赤ちゃん。にぎにぎ遊びが楽しめるようになってきます。やわらかいガーゼハンカチ、タオルなどを赤ちゃんの手に触れられるように近づけ、握らせます。上手に握れたら、ママやパパと赤ちゃんで引っ張りっこしてみましょう。指の力がついてきて、少しの時間、ガラガラなどを持っていられる赤ちゃんもいます。
また、生後3~4カ月の赤ちゃんは、体の発育や発達を診る重要な節目なので、多くの自治体で集団健診が行われます。首すわりの状態、あやすと笑うか、股関節の様子や先天性の病気などが確認されます。育児相談もあるので、日ごろ不安に思うことやわからないことがあれば、メモをしておいてなんでも聞いてみましょう。

いかがでしたか?首がカクンとなるのをしっかりと支えて赤ちゃんとのお散歩を楽しんでくださいね。(文:たまひよONLINE編集部)。
『3月生まれの赤ちゃんガイド』(ベネッセコーポレーション刊)より抜粋

※この記事は「たまひよONLINE」で過去に公開されたものです。

子育て・育児

更新

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  •  

新着記事

新着記事をもっと見る