1. トップ
  2. 赤ちゃんの子育て・育児
  3. ひそかなブーム! 5月27日は、百人一首の日

ひそかなブーム! 5月27日は、百人一首の日

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


小学校までに覚えておくと差がつく!?

テレビゲームが全盛のいま、かるた遊びをする家庭も少なくなってきているようです。
まして、百人一首となると、子どもには難解、ママだって「古典の授業で習ったような~」と、遠い目をしちゃいそう。

難解で、敬遠しがちな百人一首だけれど、ウイメンズパークで小学生以上のお子さんを持つ先輩ママのコメントでは、頻繁に百人一首の話題があがっています。
映画「ちはやふる」の影響からか、
「百人一首大会を開催する小学校が増えている」とか。
「東大生の子どもを育てたママは、子どもが小さな頃から百人一首で遊んでいた」とか。
「百人一首の句を貼っておいたら幼稚園児が全部覚えた」とか。

早いうちから百人一首を覚えると、中学でつまずきやすい古文の授業にもすんなり入れる、というメリットもあるようです。
早期教育というより、日本人として日本の文化を知る上でも、家族で遊びながら古典も学べる百人一首は一石二鳥。

戦国武将も興じた!? 百人一首かるた

いいことだらけの百人一首のようですが、その起源は?
鎌倉時代の公家・藤原定家の日記「明月記」によると、1235年(文暦2年)5月27日に、定家が宇都宮入道蓮生の依頼で書写した和歌百首を、嵯峨の小倉山荘の障子に貼ったそうです。これが百人一首の最初の記述だったため、百人一首はこの日に完成されたとして記念日になりました。
もともと百人一首は障子に書いて鑑賞していたようですね。

では、今のようなかるた遊びになったのは?
戦国時代の頃に、百人一首がかるたとして遊び始めたようです。
やがて、江戸時代になると印刷技術の進歩から、徐々に庶民にも広まって楽しまれるようになったとか。
戦国武将たちも、戦の合間に百人一首かるたを楽しんでいたのかもしれませんね。
(文・井上裕紀子)

■文中のコメントはすべて、「ウィメンズパーク」の投稿からの抜粋です。

※この記事は「たまひよONLINE」で過去に公開されたものです。

■おすすめ記事
赤ちゃんってどうやってできるの?「 性」にまつわる質問にどう答えてる?

子育て・育児

更新

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  •  

新着記事

新着記事をもっと見る