1. トップ
  2. 赤ちゃんの子育て・育児
  3. 知ってましたか? 5月25日は、主婦休みの日

知ってましたか? 5月25日は、主婦休みの日

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


家事の大変さを、家族でわかちあう日に

“主婦休みの日”、こんなに素敵な日があったなんて! 2009年に登録された記念日で、
① 家事や育児に頑張る主婦がリフレッシュできる日。
② 家族が元気になってニッポンも元気になる日。
③ 夫や子どもが家事にチャレンジする日&パパと子どもが一緒に行動する日。
だそうです。

子どもがいなければ主婦を休むことができるけれど、子どもがいたら365日休みなし! 結局、主婦休みの日を実現させるには、夫の協力が不可欠!! 5月25日に夫が主婦孝行してくれないと居心地が悪くなるくらい、もっと世間に“主婦休みの日”が浸透してくれないものですかねぇ。

主婦の労働年収は320万!

ある統計によると、5才以下の子どものいる主婦の労働を年収に換算すると、約320万円だとか。
かといってパパからお給料をもらえる訳でもなく。
せめて、小さなものでもいいからご褒美をもらえたらモチベーションが上がるのだけど…。
もらえないなら仕方がない、自分で自分にご褒美を!と、ウィメンズパークのママたちも

「1人数百円の市営コートでママ友と週一テニス」
「ストレス発散に昼間の安い時間帯に1人カラオケへ」
「子連れだと、歩く事すらお世話に。自分のペースでのんびりゆったり近所を歩くだけでも充分なご褒美」


と、節約しながら自分へのご褒美を満喫中。
ママのご褒美のポイントは、あまりお金をかけないこと。
お金のかかるご褒美は、後で家計が苦しくなるからご褒美にならないんですよねぇ。
本当なら、主婦休みの日にパパが一日主夫してくれるだけで、充分なご褒美なんですけどね(笑)。
(文・井上裕紀子)

■文中のコメントはすべて、「ウィメンズパーク」の投稿からの抜粋です。

※この記事は「たまひよONLINE」で過去に公開されたものです。

■おすすめ記事
生年月日・出生体重があやふや…!大家族あるあるが半端ない!

子育て・育児

更新

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

新着記事

新着記事をもっと見る

赤ちゃんの子育て・育児の人気記事ランキング

関連記事