1. トップ
  2. 赤ちゃんの子育て・育児
  3. 航空運賃無料!2才の子、座席取りますか?

航空運賃無料!2才の子、座席取りますか?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

iStock.com/Nadezhda1906

日本初のスチュワーデス採用試験の結果発表

3月5日は「スチュワーデスの日」。
1931年3月5日に東京航空輸送が実施した日本初のスチュワーデス採用試験の結果が発表されたことに由来しています。
採用試験の応募者は140人、合格者は3人だけというとても狭き門でした。
当時は「スチュワーデス」ではなく「エアガール」という名前で募集が行われたそうです。でも、最近は「スチュワーデス」という呼び方もしなくなり、性別を問わない「客室乗務員」、「フライトアテンダント」、「キャビンアテンダント」が主流になっています。

2才の子、飛行機の座席取るべき?

子どもが2才くらいになれば、沖縄や北海道など、飛行機で家族旅行をする人が増えてきます。というのも3才の壁があるからかも。
その壁は、航空運賃。国内線は、2才までなら大人の膝に乗せれば運賃が無料ですからね。運賃のかからないうちに、というわけです。

とはいっても、長いフライトでずっと膝の上に乗せておけるのか? 子どもはグズグズ、ママも大変。
『ウィメンズパーク』の口コミでも、「2才の子、飛行機の座席取るべき?」か迷っていました。


「子どもが2人なら、大人2人と子ども1人分の3人席で肘掛けを上げれば余裕でした」

「2歳代の時に沖縄に行きましたが、JALのクラスJの席だと普通席よりも座席にゆとりがあるのでシートベルトの時だけ膝に座らせて、あとは前に立たせたり、足元に座らせたりできたので大丈夫でした。普通席より少し高めですが子どもに1席取るよりは安いですよ」

予算に余裕があるならJALのクラスJはよさそうですね。

「1歳後半のときに膝に抱っこで搭乗したらすごくきつかったです。本人も苦しいのかグズってしまって…。これに懲りて2歳からは席をとるようにしたら、機嫌よく静かに乗っててくれました。子どもの性格と大きさにもよるとは思います。うちは活発で大きめなので」

「3歳手前で、節約と思って席は取りませんでしたが、抱っこは窮屈でなかなか大変なフライトになりました。本当に重たかったです。子どもの席もあった方がお互いに気が楽かも…」


できたら無料で乗せたいけれど、フライト時間が長くなるようなら、幼児運賃は半額なので、母子お互いのためにも座席は確保がいいかもしれませんね。
3才の壁を超える前に空の旅、考えてみましょうか。
(文・井上裕紀子)
■文中のコメントはすべて、『ウィメンズパーク』の投稿からの抜粋です。

■おすすめ記事
アミノさんってだれ…? 笑える&かわいい子どもの言いまつがい10選

子育て・育児

更新

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  •  

新着記事

新着記事をもっと見る