1. トップ
  2. 赤ちゃんの子育て・育児
  3. 体がどんどん大きくなります!【3月生まれ】赤ちゃんの4月のお世話

体がどんどん大きくなります!【3月生まれ】赤ちゃんの4月のお世話

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

3月生まれの赤ちゃんは、このころどんな様子なのでしょう? ママやパパの顔をジッと見つめるようになる「生後1カ月」の赤ちゃん。退院してからずっと室内で過ごしていた赤ちゃんも外の空気に少しづつ慣らしていくときです。そんな3月生まれ赤ちゃんとの4月の過ごし方を紹介します。

ママやパパを見つめたり声をかけると泣きやむことも

出生時から1カ月ほどで体重が1kg前後増えます。頼りなかった赤ちゃんの体は徐々に丸みを帯びてきます。母子健康手帳の成長曲線に身長・体重を記入しましょう。平均的でなくても、その子なりのペースで上昇カーブを描いていれば心配ありません。
また、視力や聴覚が発達してきます。ママやパパが近づくとジッと見つめたり、光を見つめるようになります。また、泣いているときに声をかけたり、音の出るガラガラを振ると、泣きやんだり、ジッと聞いているような様子がみられます。

おっぱいは「欲しがったら飲ませる」を続けて

生後1カ月を過ぎても、昼夜の区別なく、赤ちゃんのペースに合わせたお世話の毎日。おっぱいも「欲しがったら飲ませる」が続きます。ママもつらい時期ですが、授乳のリズムができてくるまでもう少しです。家事もお世話も無理をせず、パパや周囲の協力を得ながら乗りきりましょう。母乳不足が心配なときは、母乳外来や1カ月健診で相談しましょう。
また、赤ちゃんとの生活は、安全なはずの赤ちゃんのねんねのスペースで事故が起こることがあります。やわらかすぎる布団やタオル、ぬいぐるみなどが顔にかぶさると、赤ちゃんは自分で取り除くことができません。壁にかけた額やカレンダー、天井に吊るしたおもちゃが落下することもあります。ベッドのまわりにものを置かないようにし、いま一度安全チェックをしましょう。

予防接種のスケジュールを考えましょう!

かかるとこわい病気から赤ちゃんを守るために、1才までに受けておきたい予防接種はたくさんあります。生後2カ月から受けられるものもあるので、なるべく早く受けましょう。集団接種の予定を優先し、それ以外のワクチンは同時接種するとよいでしょう。受け方に迷ったら、1カ月健診、またはかかりつけ医に相談しましょう。

いかがでしたか? 外気浴もスタートする「生後1カ月」の赤ちゃん。天気のいい、風のおだやかな日に窓を開け、赤ちゃんを外の空気に触れさせることから始めましょう。
(たまひよONLINE編集部)
※『3月生まれの赤ちゃんガイド』(ベネッセコーポレーション刊)より抜粋
amazonで詳しく見る

■おすすめ記事
子ども服を洗う前に!知らないと損する洗濯ラベル表示の正しい意味と使い方

子育て・育児

更新

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  •  

新着記事

新着記事をもっと見る

赤ちゃんの子育て・育児の人気記事ランキング

関連記事