1. トップ
  2. 赤ちゃんの子育て・育児
  3. あやされるとよく笑います!【12月生まれ】赤ちゃんの4月のお世話

あやされるとよく笑います!【12月生まれ】赤ちゃんの4月のお世話

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

12月生まれの赤ちゃんは、このころどんな様子なのでしょう?
ママやパパに特別な笑顔を見せる「生後4カ月」の赤ちゃんは、うつぶせで遊ぶのが楽しい時期です。そんな12月生まれ赤ちゃんとの4月の過ごし方を紹介します。

ママやパパが特別な人だと認識し始めます

いつも世話してくれるママやパパを特別な人として認識するようになります。このころの赤ちゃんは、あやされると声を上げてよく笑いますが、ママやパパにはとくによく笑顔を見せたり、あやされなくても自分からほほえみかけるようになります。
また、このころの赤ちゃんは、盛んに指しゃぶりをします。指だけでなくこぶしごと口に入れたり、自分の足を持ってなめる子もいます。これは、なめて自分の体を確かめる遊びの一種です。「汚いから」とやめさせたりせず、存分にやらせてあげましょう。

体を使った遊びで、存分に触れ合って

生後4カ月になると、首がしっかりとすわってくるので、両わきを支えた赤ちゃんをママやパパのひざの上に乗せて揺らしたり、「たかいたかい」をしたりして、体を使った遊びが楽しめます。また、おんぶもできるようになるので、赤ちゃんが甘えて泣いてもかまってあげられないときは、おんぶをして用事をすることができます。
そして、このころの赤ちゃんは、手に触れたものをつかんで口に持っていきます。手の届く範囲にあるものが安全で、飲み込む危険のないものかどうか確認しましょう。テーブルの上なら届かないと思っても、垂れていたコードを引っ張って湯沸かしポットが倒れ落ちることもあります。赤ちゃんの目の高さから部屋を見回し、危険なものは片付けましょう。

お出かけ時は紫外線対策をしましょう!

さわやかな新緑に誘われ、お散歩が楽しくなる季節。でもこのころから紫外線は非常に強くなるので、注意しましょう。ベビー用日焼け止めをぬり、ベビーカーに乗せるときはなるべく日が当たらないように、日よけをし、日なたを歩かない工夫を。抱っこやおんぶのときには、つばのある帽子をかぶせましょう。水分補給のために麦茶や湯冷ましも忘れずに。

いかがでしたか? 昼は起きて夜は眠るという昼夜のリズムが整ってくる「生後4カ月」の赤ちゃん。いつも決まった時間に起こして、昼間の服に着替えたり、お散歩に出るなどを習慣にして生活リズムを整えましょう。
(たまひよONLINE編集部)
※『12月生まれの赤ちゃんガイド』(ベネッセコーポレーション刊)より抜粋
amazonで詳しく見る

子育て・育児

更新

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  •  

新着記事

新着記事をもっと見る