1. トップ
  2. 赤ちゃんの子育て・育児
  3. ママやパパのまねが大好き!【6月生まれ】赤ちゃんの4月のお世話

ママやパパのまねが大好き!【6月生まれ】赤ちゃんの4月のお世話

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

6月生まれの赤ちゃんは、このころどんな様子なのでしょう?
伝い歩きが多くなる「生後10カ月」の赤ちゃん。ママやパパのまねが大好きです。そんな赤ちゃんの4月のお世話ポイントを紹介します。

手づかみ食べが盛んになります

手指がさらに器用になり、自分で食べたいという意欲も増すため、手づかみ食べが盛んになります。目で食べ物を確認し、手で大きさやかたさなどを確かめ、持ち方や力加減を調整しながら口に運ぶことができるようになります。
そして、このころの赤ちゃんは、大人が「バイバイ」「バンザイ」などと言いながら身振りを見せると、まねをするようになります。くり返すうちに、その言葉を聞いただけで身振りをするようになります。ママやパパの言葉の発音をまねて、ゴニョゴニョと声を出す子も。赤ちゃんが大人の言葉をまねて声を出したら、返事をしてあげましょう。

公園で体を動かして遊びましょう

暖かい日が増えてくるので、公園での外遊びを日課にしましょう。ママやパパに体を支えてもらいながら滑り台で遊んだり、抱っこでブランコに乗ったり。遊具がなくても、芝生の上ではいはい、ベンチで伝い歩きと、体を思い切り動かせます。たくさん遊ぶと食欲が出て、夜はぐっすり。20時ごろには寝かせて早寝早起きのリズムを定着させましょう。
また、このころの赤ちゃんは、はいはいや伝い歩きで動きまわるようになります。目が離せなくなり、ママやパパも疲れがたまりがちです。そんなときは、親子で体を休めて静かに絵本の読み聞かせを楽しんではいかがでしょう。この時期は、赤ちゃんが見慣れたものや日常生活を描いたもの、音の響きやリズムが楽しいものがおすすめです。寝る前のほんのひととき、楽しい絵本タイムを習慣にするのもいいですね。

ベビー服選びは安全面をチェックして

赤ちゃんの衣服が原因で思わぬ事故につながる場合があります。とくに気をつけたいのは、フードやひもがついたデザイン。ドアや遊具にはさまったり、引っかかったり、引きずられたり、自転車に巻き込まれたりすることがあります。ボタンやレースなどの飾りが引っかかったり、取れて誤飲事故を起こすことも。衣類は安全面にも気をつけて選びましょう。

いかがでしたか? はいはいや伝い歩きで元気いっぱいの「生後10カ月」の6月生まれの赤ちゃん。一緒に散歩に出かけて、芽吹き始めた春を探してみましょう!
(文・たまひよONLINE編集部)
※『6月生まれの赤ちゃんガイド』(ベネッセコーポレーション刊)より抜粋
amazonで詳しく見る

子育て・育児

更新

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  •  

新着記事

新着記事をもっと見る