1. トップ
  2. 赤ちゃんの子育て・育児
  3. 先輩ママがおすすめ★子どもに本当にウケる絵本6選

先輩ママがおすすめ★子どもに本当にウケる絵本6選

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

FamVeld/gettyimages

4月2日は、童話作家 アンデルセンの誕生日

4月2日は「国際子どもの本の日」。
国際児童図書評議会は、子どもの本を通して国際理解を深めることを目的に、デンマークの童話作家ハンス・クリスチャン・アンデルセンの誕生日である4月2日を「国際子どもの本の日(International Children’ s Book Day)」と定めました。
各地の図書館や書店で子ども向けのイベントが開催されているところもあるので、親子でのぞいてみてはいかがでしょう。

1才からの読み聞かせ絵本を厳選

絵本の読み聞かせはしていますか?
1才前後になると、見るだけの絵本からストーリーのある絵本にも興味を示し、少し理解できるようにもなってきます。
そんな1才前後におすすめの絵本。本屋さんに行っても、どれを選んでよいものか迷いますよね。そこで、口コミサイト『ウィメンズパーク』のママが実際に1才頃に読み聞かせをして、子どもが興味を示したおすすめの絵本を紹介しましょう。


★おつきさまこんばんは/著・林明子


「雲がお月さまをすっぽり覆うページがくると『どいて、どいて~』と、絵本の雲を振り払おうとしていました。おかげでページがヨレヨレ。よい思い出です」

「毎回、トントンと絵本の中のドアをノックする息子の小さな手を思い出します」



★こぐまちゃんえほんシリーズ/著・わかやまけん


「しろくまちゃんのほっとけーきがお気に入りでした。ホットケーキがだんだん焼けていく様子は甘い香りが漂ってくるようで、大人ですらワクワクしてします」



★かお かお どんなかお/著・柳原良平


「いろんな表情や動きを自分なりに真似しようとしていました」




★だるまさんが/著・かがくいひろし


「シリーズで3冊あります。1才前からかなり食いつきがよかったですよ」

「擬音の多いものや繰り返しが楽しくてよいみたい」



★ぐりとぐらシリーズ/著・なかがわ りえこ、 おおむら ゆりこ


「定番ですが、絵も可愛いですし、内容も分かりやすいので子どももよろこんでくれました。中学生になる今も、ときどき開いて読んでいます」



★からすのパンやさん/著・加古里子


「カラフルで色んなパンが出てきて、子どもは目をキラキラさせながら読んでいました。食べ物系は、より興味をそそるみたいでした」

「字が多いので、1才前半の頃だと途中で飽きてましたが、2歳近くなってようやく最後まで読んで楽しめたという感じかな」



ほかにも、

「うずらちゃんのかくれんぼ」「かんかんかん、電車がくるよ」「うわー」「かわいいてんとうむし」「きれいなちょうちょさん」「ももんちゃん」「もこもこもこ」「じゃあじゃあびりびり」「がたんごとんがたんごとん」
なども人気が高かったです。

子どもも好き嫌いがあるので、本屋さんで買う前に図書館で試し読みをしてから、興味を持ったものを買うといいですね。
気に入った一冊が見つかれば、きっとボロボロになるまで何度も読み聞かせをせがまれて、やがてその絵本が親子のあたたかい思い出になっていくことでしょう。
(文・井上裕紀子)
■文中のコメントはすべて、『ウィメンズパーク』の投稿からの抜粋です。

■おすすめ記事
【子育て支援センター】デビューはいつ?ママ友ってつくるべき?

子育て・育児

更新

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  •  

新着記事

新着記事をもっと見る

赤ちゃんの子育て・育児の人気記事ランキング

関連記事