1. トップ
  2. 赤ちゃんの子育て・育児
  3. やる気のない習い事、辞めさせるべき?

やる気のない習い事、辞めさせるべき?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

romrodinka/gettyimages

ピアノの周波数は440Hz

4月4日は「ピアノ調律の日」。
1993年に国際ピアノ調律製造技師協会が制定し、日本では1994年から「日本ピアノ調律師協会(ニッピ)」が実施しています。
調律の基準音はA4。AprilのAと、4の4日であることと、その周波数が440Hzであることに由来しています。

どうしたら練習をしてくれるの?

ピアノといえば、子どもに習わせたいお稽古のトップクラス。わが子が優雅にピアノを奏でる姿、親バカながら5割増しに見えてしまいます(笑)。
その優雅さからか、子ども自身も、バレエと並び「習いたい!」と、言ってくる子も多いですよね。
ただ、問題は、その習い事が果たして続くのか、ということ。
ピアノは一日にしてならず。音楽関係の習い事は、日々の練習が大事。でも、子どもはコツコツと積み重ねる練習に飽きてしまい「ピアノ、やめたい…」と、言いだす子もまた多し…。
せっかく高価なピアノを買い揃えても、続かずにホコリをかぶっているお宅も多いことでしょう。
口コミサイト『ウィメンズパーク』のママからも、

「毎日毎日、ピアノの練習しなさい!と言うのが辛い」
「親子の揉め事は、常にピアノのこと。日々バトルを繰り返し、何度辞めさせようと思ったか…」

という声が。

どうしたら練習してくれるの?
思い切って辞めさせるべき?

「口で『練習しなさい!』だけでは、途中で飽きてしまい練習にならず。私がピアノのそばにいないと嫌がるので、手が空いた時に徹底的に付き合うことにしています。練習時間は特に決めていません。時間で区切ると時間ばかり気にしてしまうので」

「時間になったら、ママがピアノの前に座って、今の課題曲を弾いています。ママ大好きなお年頃なら、自然と隣に寄ってきます。隣にいてあげるだけでもモチベーション上げ上げです」

「男の子だと他にやりたいこととに目移りしちゃってなかなか練習しないので、お母さんが率先して歌ったり、おだてたりして、うまく調子にのせないと無理…」


自覚が出て、自主的にピアノに向かうようになるまでは、一緒に練習をつき合ってあげないとならないようです。
ガミガミ言うストレスと、家事を後回しにして15分でも練習につき合う労力を秤にかけたら、練習につき合う方がいいのかも。

「男の子でピアノをやる子は音楽自体が好きなことが多いですよね。でも、精神的に幼いから、もっとやりたいことがあったら我慢がきかない。女の子みたいに見栄だけで頑張れない。男の子だったら、バトルの日々に耐えながらも少し長い目でみてあげるかな」

「女の子は比較的早くから自主的に練習する子もいますが、男の子は、よっぽど大好きでない限り自主的には練習しないので高学年になっても声掛けは必要ですと、先生に言われ続けています」

「ピアノを弾けるようになるか、ならないかは100パーセント親の意思で決まります。覚悟を決めて、言い続けましょう。子どもの人生が豊かなものになることを信じて」


子どもがピアノの練習を自主的にしないのは“普通”“当たり前”。ピアノを習うかどうかこれを大前提に決める必要ありですね。

「幼稚園からピアノを始めた高3の息子。いつからかバトルをすることもなくなり、今では『ピアノが弾けるって、楽しい♪』と、息子のソナタを聴きながら家事をすることが幸せなひとときです」


まさに、この光景、理想です! バトルの先には、素敵な時間が待っているのですね。
(文・井上裕紀子)
■文中のコメントはすべて、『ウィメンズパーク』の投稿からの抜粋です。

■おすすめ記事
赤ちゃんってどうやってできるの?「 性」にまつわる質問にどう答えてる?

子育て・育児

更新

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  •  

新着記事

新着記事をもっと見る